2018年秋ドラマ

『黄昏流星群』第3話のネタバレと感想!離婚を意識した真榴子が…

更新日:

黄昏流星群

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年10月18日(木)にフジテレビで放送された『黄昏流星群』第3話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『黄昏流星群』第3話のみんなの感想を知りたい!」
「『黄昏流星群』第3話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『黄昏流星群』第3話では深まっていく完治と栞の思いはもちろん、真瑠子と春輝の関係も加速していくよ!
スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』第3話のあらすじ内容

帰宅した瀧沢完治(佐々木蔵之介)に妻真瑠子(中山美穂)は出向を黙っていた事を責めます。

そこに帰ってきた娘の美咲(石川恋)が帰宅し出向の事実を知り、怒り出します。

結婚相手が家柄を気にする家と思っているので、父には銀行員でいて欲しかったのです。

翌朝出勤した完治は、職場の人からの人からも相手にされず、孤立しています。唯一の楽しみの目黒栞(黒木瞳)と会えることですが、そっけなくされて悲しくなります。

栞は社内で完治と話している所を社員に見られていた事を気にして、わざとそっけなくしていたのです。栞は、SMSでそのことを謝罪し、来週の日曜日に一緒に山に行くことを約束した。

その夜同期から電話がかかってきて、銀行に戻れる可能性が0じゃないので、 来週の日曜日の行内のゴルフコンペのアテンドに名前を入れておいたと話します。

友達にいわれて離婚のことが頭によぎった真瑠子はパソコンで「主婦の離婚」について検索する。そこに娘と待ち合わせしていた日野春輝(藤井流星)がやってきて画面を見られてしまった。

春輝と美咲は春輝の実家に向かい、母と対面した。

銀行員の父のことを持ち出されて、出向のことをいいだせず落ち込む美咲。

娘の事や今の仕事の現状を考えて、少しでも可能性があるならと完治はゴルフコンペに行くことに。 完治からキャンセルの連絡を受けとった栞は、「楽しい事って長く続かないから」と悲しく笑った。

日曜日ゴルフコンペで 池に入ったり林にはいっていって完治はボールを拾い続ける。

頭取が差し入れをして褒められたのを見ていた常務の金田(伊藤正之さん)は嫌がらせをしてくる。必死に頑張る完治でしたが、銀行員たちがゴマをすりあってる姿を見て嫌になり、その場を去ります。

約束がなくなって落ち込んでいる栞のもとへ、完治から電話がありマグロの大トロを食べようと食事に誘います。

もう一軒行こうと誘う完治に終電には帰ってもらわないと私が困ると栞は帰るように促します。

家まで送って行ってもらった栞は、気持ちがあふれてしまい、完治に抱きついてしまいます。

春輝は、この前美咲が元気がなかったことを心配して自宅に電話をした。

真瑠子は春輝の事務所を訪ねて、完治の出向のことで美咲が悩んでいることを春輝にはなす。

優しく話をきいてくれる春輝に、真瑠子は思わず本音をこぼし涙する真瑠子に春輝は涙をぬぐってあげます。

『黄昏流星群』第3話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『黄昏流星群』第3話を視聴した方に感想を聞いてみました!

原作の漫画とは少しストーリー内容が違うオリジナリティな部分があり、面白くもあり残念でもあるのですが、主人公の完治を視ているとサラリーマンの大変さをしみじみと感じた第3話でした。

ゴルフコンペのシーンでの銀行上司の嫌がらせや、出向企業先の上司のパワハラまがいの対応など、男社会の厳しさの現状を実感(?)しています。

その上、妻や娘にも出向の話をする機会が遅れ責められる。

会社でも家庭でも居場所が無くて、偶然知り合った出向先の女性に惹かれて行くのも良く出来た内容だと思ってしまいました。

娘の婚約者との妻との絡み、娘自信の秘密?みたいな展開がこれから有るのかも?と、思わせる内容でした。

うっきー:40代女性 評価★★★★☆

1話から変わらずの、韓流感漂う映像とストーリーに、なんとも言えない配役。

こんなことあるの?と突っ込みたくなるが、結局最後まで見てしまう不思議なドラマ。

特に3話ではついに黒木瞳と佐々木蔵之介に進展が!そして奥さんと娘の婚約者の2人っきりのシーンもなんとも言えないザワザワ感。

一番可哀想なのは娘かな。自分の家族がこの家族だと嫌だなーと思いながら見ていた。

でもなかなか進展しない大人の恋もじれったい。いろんな意味で複雑な回だった。

ドラマ好き:30代女性 評価★★★☆☆

回を増すごとにはまってくるドラマだと思います。

50代の恋愛ドラマかと思っていましたが、佐々木蔵之介の突然の人事異動や、出向先の社員達の態度は社会に出てある程度働いた人ならわかるリアルに表現されていて、フィクションの部分を少しリアルに引き立てているようにも感じました。

 佐々木蔵之介が、出向のことを家族に言い出せないことも旅にでることも、旅先で出会った黒木瞳と近づくことも、中山美穂が専業主婦として思うこともドラマの世界ではなくわりと多くの人が共感できる感情だと思います。 

ドラマでありながら、想像力も掻き立てられ小説を読んでいるような味わい深い作品だと思います。

わんさん:40代女性 評価★★★★★

真璃子が完治の左遷されたことを誰よりも先に話してほしかったと、やっと自分の気持ちを言えた時には良かったなと思いました。

それに対して完治も謝ってくれたのでホッとしました。真璃子が娘の婚約者の春輝の元を訪れて、娘が話すより先に完治の左遷のことを話したのはちょっと違うなと思ってしまいました。

娘からしたらタイミングを見て自分から話したかったんじゃないかなと思うので、何で先に言ってしまったんだろうと思います。

あんこ:30代女性 評価★★★★☆

重すぎるドラマです。

見ていても胸が苦しくなり、ハラハラが止まりません。

運命の出会いが上司にはめられ銀行から出向となり、失意のどん底にいる完治のせめてもの心のよりどころとなったことが、幸か不幸か、暗闇に落ちていく第一歩となってしまたのでしょう。

夫婦が二人とも不倫に走るなんて、世間では良くある話なのしょうか?完治と栞のほうはどんどん危ない橋を渡り後戻り出来ない状態になり夫婦はますます溝が深まり取り返しがつかない状態をどの様に話が進むのかたのしみです。

mimi4u:60代女性 評価★★★★★

『黄昏流星群』第3話のSNSでのみんなの反応は?

『黄昏流星群』第3話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『黄昏流星群』第3話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『黄昏流星群』第3話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月1日20:44まで)なら、無料で『黄昏流星群』第3話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『黄昏流星群』第3話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『黄昏流星群』第3話の内容ネタバレと感想になります。

『黄昏流星群』3話を見ていると、このままでは家族がバラバラになるのでは…とちょっと心配になるね!

第4話からの展開にも注目していきましょう!

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.