2018年秋ドラマ

『黄昏流星群』第10話(最終回)のネタバレと感想!それぞれの道を選んだ瀧沢家!

投稿日:

黄昏流星群

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年12月13日(木)にフジテレビで放送された『黄昏流星群』第10話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『黄昏流星群』第10話のみんなの感想を知りたい!」
「『黄昏流星群』第10話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『黄昏流星群』第10話で
スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』第10話のあらすじ内容

完治は若葉銀行に戻り内部調査委員会委員長を任されることになった。

しかし同期の井上が自殺してしまいとても悲しい出来事が起きてしまう。

真離子は春輝の家で冴の世話をしていたが冴をホスピスに送り家に戻ることになった。

完治も若葉銀行に戻ったこともあり、二人はいままでのように幸せな家庭生活を送ることになった。

若葉銀行の内部調査の結果、上司が井上に不正を指示していたことがわかり、完治は記者会見をしてこれから若葉銀行を立て直す決意を表明して謝罪する。

とても頼もしい姿でこれで夫婦は安泰のように思えた。

しかし真離子は突然離婚届けを完治に渡し、完治の側にはだれか違う人がいるような感じを受けていたことを告げ、自分にも好きな人がいることを打ち明けた。

真璃子の好きな人が誰かということは秘密にしてしまう。

栞は完治の前から身を引く気で、東京を離れて海の近くで仕事をしていたが、若葉銀行の完治の記事を大事そうに保管して未練があるようだった。

糖尿病の病気が進行すると失明する可能性もある栞、突然目のかすみがきて倒れてしまう。

若葉銀行では完治の仕事ぶりも発揮され有望な社員とした期待されていたが完治は仕事を辞めることにした。

これから何を始めようとしているのか、自然の景色を見ながら日々を過ごしていた時に真離子から電話が入った。

若葉銀行に送られたハガキが転送されて瀧沢の家に送られきたので、真離子は今直ぐにハガキを読み上げ、栞の今の事情を示す内容が知り合いが書いたものだった。

完治は直ぐに栞の住んでいるところに走り二人は結ばれ、のちにカフェテリアのお店を開き完治と栞は一緒に働く。

パン作りが得意だった真離子はパン屋で仕事を始めだした。

春輝との関係も冴から釘を打たれていたが、やはり春輝の側にいて欲しいと関係を認めてくれ、二人は順調に愛を育んでいる。

瀧沢家夫婦はそれぞれの道を選んだことになり、残りの人生を好きな人と過ごすことを決めた。

『黄昏流星群』第10話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『黄昏流星群』第10話を視聴した方に感想を聞いてみました!

どちらを応援してるような形では見てなかったけれど栞の同僚、緑からのハガキで完治と栞が再会した場面は「あー良かったなぁ」と心から思いました。

完治は銀行を辞めて荻野倉庫に戻るのかなと思っていたので1ミリも聞かなかったような方向に行っていて意外でした。

栞の体調を思った完治の優しさが出てたように思います。

真璃子の離婚届、加え「好きな人」告白は夫婦仲が戻ろうとしていただけに完治の青天の霹靂みたいなキョトンとした表情が笑えました。

でも真璃子も聡美や須藤との食事会には考えてなく完治の心の中を知っての決断だったのかなと思いました。

離婚した真璃子に冴の「勇気があるのね」が春輝の手前、色んな意味を持つ言葉に感じました。

春輝に対し今の自分に出来ることをした冴の気持ちも優しくて良かったです。

真璃子の働いている姿はイキイキしてました。最初のパン屋さん店員の姿が可愛くて主婦より断然似合ってるなと思いました。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

冴が春輝と真璃子の事を許してくれてよかったです。

年の差があり過ぎて反対していたけれど、自分の息子が、暗い顔ばかりしているのを見るのが、耐えられなくなったと思います。

真璃子は離婚したけら、反対する要素もなくなったので、堂々と交際ができます。

真璃子は旦那の給料に依存していたから一人になるのが怖かったけど、一人でもやっていけることが分かって、自信に繋がったようです。

栞は目が見えづらくなって、一人で誕生日を迎えて、かわいそうでしたが、完治のおかげで、幸せな老後が過ごせそうで良かったです。

ふみか:40代女性 評価★★★★★

夫が別の女性と不倫をしていて、二人でいる現場も見てしまっていて、自分も好きな人がいるのに、もう一度夫と抱き合うことが出来るなんてびっくりしました。

でもこうして夫を受けいれて、好きな人のことを忘れ、二人は元に戻るのかと思ったら、翌朝離婚届けを渡す妻。さすが黄昏流星群です。

最後までびっくりさせてくれます。でも抱き合うことで夫の中に自分ではない別の女性がいる、とはっきりわかったなんて。

さらっと朝ご飯の前に話していたけれどすごい展開だと思いました。でもこのタイミングでその話が出来る彼女は、実はすごく強い女性なんだと思いました。

みこ:30代女性 評価★★★★★

家を出た真璃子が帰って来るとは意外でした。

当たり前のようにまた一緒に過ごすようになった完治と真璃子は元に戻ったんだなと思っていたのに、まさかの真璃子からの離婚届には驚きました。

真璃子が家に帰ったのは、離婚を決意できたからなのかなと思いました。

栞と完治はもう会えないままかと思っていましたが、引き寄せられるように再会してまさかの再婚という結末は予想外でした。

不倫から始まった恋だけれど、これが運命の恋だったってことですね。

ゆず:30代女性 評価★★★★☆

春樹の母が春樹にした事にビックリした。受験をさせる為に取った行動は酷い。

バスケ辞めないならと台所から包丁を持って死ぬなんて、それから春樹は母の嫌がる事はしないと決めたと言った。可愛そうになった。

完治と真璃子は久しぶりに抱き合って真璃子は完治の中に自分がいない事が分かったのだ。

自分から離婚届を出した。別々の道を行く事にした。

栞の居場所を真璃子は完治に伝えて、私ならその人に会いに行く、あなたはどうすると背中を押した。

優しさ真璃子に感動した。完治は栞に会い、結婚し栞の夢を叶えた。完治第2の人生は幸せで活き活きしているように見えた。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★★

『黄昏流星群』第10話のSNSでのみんなの反応は?

『黄昏流星群』第10話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『黄昏流星群』第10話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『黄昏流星群』第10話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月20日20:44まで)なら、無料で『黄昏流星群』第10話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『黄昏流星群』第10話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『黄昏流星群』第10話の内容ネタバレと感想になります。

『黄昏流星群』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2019 All Rights Reserved.