2018年秋ドラマ

『黄昏流星群』第6話のネタバレと感想!壊れていく瀧澤家の未来は・・・?!

投稿日:

黄昏流星群

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年11月15日(木)にフジテレビで放送された『黄昏流星群』第6話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『黄昏流星群』第6話のみんなの感想を知りたい!」
「『黄昏流星群』第6話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『黄昏流星群』第6話は、完治、真榴子、美咲、それぞれの不倫関係が深まっていくのを感じる回だったよね。これから家族はバラバラになってしまうのかな・・・。
スポンサーリンク

 

『黄昏流星群』第6話のあらすじ内容

栞の母の葬儀の後栞はまだ間違いを起こして無いと追い返すが、完治に押し切られ一夜を共にする。

完治は井上の所に行くと真璃子に電話した。翌朝、栞が朝食を作り、その後ろ姿を眺め完治は起きた。

2人で朝食を食べた。栞は葬式の次の朝に一緒に朝食を食べるなんて、一生忘れませんと言った。

完治はじゃあと言って家に帰り、栞はまた会社でと言った。

家に帰ると妻から早くしないと会社遅くれるわよ、朝御飯そこだからと言われた。

完治は朝食を見てもう食べれないという顔をした。

真璃子は友達とお茶をする。友達は浮気確定だねと言った。どうしてわかるんだろうと真璃子。

問い詰める気もない。もうダメね打つ手なしって感じと言った。

春輝の母と顔合わせに春輝の家に行く瀧澤家。

豪邸に両親は驚きを隠せない。春輝の母は美咲さんとてもいい子で良かったといい。春輝さんもと真璃子は言った。

春輝の母は年内に結納、年明けに挙式と言ったが、美咲はちょと忙しくてと言う。

母は事務的な事はお母様にしてもらってと話す。

結婚したら専業主婦になるんだから頑張ってと言われ、会社を辞めるつもりが無い事を美咲は話した。

母は孫が楽しみだ、時期に赤ちゃんが生まれたら変わるでしょう、自分の子はそれはそれは可愛いと言った。

帰りに先を歩く娘美咲に完治は駆け寄り、いいのか?後悔しないのか?別れるんだよなアイツとはと言った。

娘は先生の事アイツって言わないでと言った。

完治の会社では課長がイライラし銀行に融資をお願いしてくれと完治に頼む。

銀行に融資を頼みに行くが井上からは無視され、お前だったら融資するかと言われてしまう。

会社に戻りダメだったと話すと何の為に雇ってると言われてしまう。

式場見学に行けない出張だからお母さん行って来てと美咲。

完治は娘の彼氏をネットで調べ、大学に会いにいく。

娘と別れてくれと頼むが、先生は弄んで無い、ただ時を一緒に過ごしているだけと言った。

別の軌道を歩んでいるがたまたま軌道が一緒になった。一瞬ですよと言った。その時完治は栞と自分を重ねた。

美咲が出張の準備をしていたが咳をして風邪を引いた様だ。

母はそっとポーチに風邪薬を入れようとした時に中に避妊具をみてしまう。

翌朝送り出し完治に出張じゃないわ、避妊具が入ってたと言った。完治は知ってるのかと聞いた。

真璃子は他に好きな人がいるって言ってた、美咲も大人よ、美咲には美咲のケジメの付け方があるんでしょうと完治に言った。

式場を真璃子と春輝で見学に行く。ウェディングドレスを見て着たかった。白無垢だったと話し。

春輝は真璃子さんなら今でも似合うとドレスを鏡の前で合わせた。

春輝は美咲が他に好きな人がいる事を知っている、僕も他に好きな人がいる真璃子さんですと言った。

真璃子は可笑しいでしょう幾つだと思ってるのと言った。人を好きになるのに年齢は関係無いと春輝は言った。

その時完治が救急車で運ばれたと真璃子に電話が入った。2人で完治の病院に駆けつけた。

栞も心配し駆けつけるが家族では無い人がはと受付で断られた所に娘美咲が受付に来た。

美咲は栞の顔を見て、父の浮気相手と分かった。

病室で美咲は帰って来たくなかった、先生が帰りなさいと言ったから、楽しかったと話した。

父は別れなさい、ケジメを付けなさいと言い、美咲は分かった、お父さんもあの人と別れてと言った。

『黄昏流星群』第6話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『黄昏流星群』第6話を視聴した方に感想を聞いてみました!

栞と一夜を過ごした完治、さすが真離子は気づくが何もないように顔を合わせれるとは凄く尊敬してしまいます。

春輝の家は格式があり不釣り合い、春輝の母親の存在が恐ろしい存在に感じ幸せになるとは思えない。 

完治は融資のことで銀行に行くがなんとか頑張って契約して欲しかったです。

これから荻野倉庫を再建して貰いたいが、会社の連中は邪魔物扱いされるのが辛いです。

完治が三咲の不倫相手と対面、意外な不倫相手で共感してしまったのでこれからの展開が複雑は心境になりました。

完治も自分と重ねてしまっているのでしょうか。

真離子はこの家庭を守れるのか、それとも春輝と関係が進展していくのか気になります。

リンコ:50代女性 評価★☆☆☆☆

普通じゃありえないくらいの恋の展開がすごかったです。

まず、娘が誰かと付き合っていると知りながら、母親が娘の婚約者から告白をされるという昼ドラのような展開と、完治の不倫の確信で、一番妻がかわいそうだなと思いました。

私的にも夫の不倫もショックだけれど、それよりも娘が婚約者がいながら、誰かと会っていると知った時が一番ショックだと思いました。

タイトル通り、確かに黄昏流星群だなあと今回のストーリーを見て思いました。た。

ちひ:20代女性 評価★★★★☆

完治と栞は、やっぱりこうなって離れられなくなるんだな~と感じた展開ですが、テンポが速いのでイライラしないで見ています。

今回は、「自分の人生には、もうこんなことが起こるとは思わなかった」というような言葉が多かったです。

未来はなくても、今の出会いをその時その時、大切にしたいということでしょうね。

ドラマの中での黒木瞳と中山美穂、二人の少し寂しそうな笑顔が印象的です。

また、いつも思いますが、娘の婚約者の春輝と真璃子(中山美穂)の関係は、ちょっと無理がないでしょうか。

ふわふわママ:40代女性 評価★★★★☆

栞の家に泊まった次の日の朝、瀧沢は栞の作った朝食をおいしく食べ、栞の家から帰る瀧沢は朝日を見つめ

「綺麗だ。全部が輝いて見える。こんなこと俺の人生にはもうないと思っていた」思うという場面から、今の栞との関係が瀧沢にとって本当に楽しいものなんだなということが感じられた。

真璃子が瀧沢の浮気に気付いているがそのことを瀧沢に問い詰めなかったり、美咲の荷物の中から避妊具が出てきてもそのことについて美咲と話をしなかったりと、真

璃子が家族に対して無関心になってきているように見えて精神的にやられているのかなと少し心配になった。

1029:20代男性 評価★★★★★

瀧澤は、目黒と一夜を共にしたが、気持ちは、清々しくて、恋に落ちてしまったのだと思います。

そして、娘の不倫相手と会って、娘と別れて欲しいと頼みながら、不倫相手が言っていた、ただ時間を一緒に過ごしたいだけと言う言葉を聞いて、

自分が目黒に対して思っている気持ちと同じだと気がつき、不倫相手に強く言えないので、父親失格だと思いました。

自分も不倫をしているのに娘の不倫のことを言う資格はないと思うし、説得力もないと思いました。

ひろ:40代女性 評価★★★☆☆

『黄昏流星群』第6話のSNSでのみんなの反応は?

『黄昏流星群』第6話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『黄昏流星群』第6話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『黄昏流星群』第6話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月22日20:44まで)なら、無料で『黄昏流星群』第6話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『黄昏流星群』第6話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『黄昏流星群』第6話の内容ネタバレと感想になります。

第7話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『黄昏流星群』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.