2018年秋ドラマ

ドラマ『SUITS/スーツ』第10話のネタバレと感想!大輔の経歴詐称がチカに知られて・・・?!

投稿日:

月9ドラマ SUITS/スーツ

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年12月10日(月)にフジテレビで放送された『SUITS/スーツ』第10話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『SUITS/スーツ』第10話のみんなの感想を知りたい!」
「『SUITS/スーツ』第10話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『SUITS/スーツ』第10話では、大輔と蟹江の対決があったね!蟹江に完敗してあとがない大輔は、甲斐の冤罪事件を手伝って、弁護士として事務所に残ることができるのか・・・?
スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第10話のあらすじ内容

遊星が鈴木大輔の経歴詐称、弁護士資格を持ってないことをチカに知らせてしまう。

甲斐に直接話を聞いて責めたが、鈴木が実務もこなし表沙汰になるとファ-ムの危機に陥ると断言する甲斐だった。

甲斐と鈴木は偶然昔の最高検事庁の柳に会い、甲斐は以前柳の部下で検察庁で検事をしていたことを知り、柳の言った有罪とは何か気になる存在である。

柳は裁判を有利にするために証拠を隠してしたことを知り甲斐は検察を辞めていたことをチカに相談する。

チカのヨサノホフォ-ルデイングの社長が病気で寝たきり、二人の姉妹に公平に資産を残すための遺言書作成、鈴木は妹で蟹江は姉が担当に指示するチカ。

姉妹の話はアパレル部門だけは残したいと意見が一致している。

検事時代の後輩、最高検観察指導部の澤田が動きだしていることで柳のことだと分かり、甲斐がジョ-カ-だと意味深の発言する澤田だった。

柳は権力争いだと説明して甲斐が味方をしてくれることを確認したかった。

裏切ることもなく味方でもないと甲斐は冷ややかに答えたが必要以上に苦難の思いがある。

澤田が甲斐のファ-ムに現れ柳の不正の事実を知っていたことの確認と協力を求めようとするが、甲斐は脅迫と誘導尋問だと冷静の態度をとる。

最高裁に現れ証言をする覚悟を伝える甲斐、情況証拠を知りたいと澤田に伝える。

鈴木が経歴詐称のことをチカに知られ、甲斐はどんな手段でも蟹江に勝つことを告げる。

アパレル部門は姉、アパレル部門を買収したいという会社U&Tと契約をするとその会社の物になると説明した蟹江、妹もこれ以上姉と争いたくなくサインした。

情況証拠が甲斐の目に触れたことで、柳が甲斐の担当していた事件まで証拠を隠していたことを知り、世田谷で起きた女子高生殺人事件を担当していたが、彼は無実だったこと追及する。

甲斐は取引を持ち出し最高裁トップの座を降りてもらうように説得する。

完璧に罠をかけたと喜ぶ鈴木、買収先のU&Tの社長は妹であったとで鈴木の勝利、しかしとても巨大な金額で買収したことを教えた蟹江。

チカは柳に不正の証拠の録音で辞表を出すことを告げた。 13年前に世田谷で起きた女子高生殺人事件の冤罪を証明したいとチカに思いを告げ刑務所から救いだすと意気込む甲斐だった。

『SUITS/スーツ』第10話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『SUITS/スーツ』第9話を視聴した方に感想を聞いてみました!

大輔の経歴詐称が、親友の代表チカへの告げ口によってバレてしまいましたが、それは妹の望んだことではありませんでした。

遊星は大輔も妹も悲しませ、ろくなことをやりません。

大輔が経歴詐称をしたのは、甲斐の指示だったので、甲斐がチカに「自分が大輔に経歴詐称をやらせた」と言わなかったことはずるいです。

また、甲斐は、元上司の柳を裏切りたくないとは思いつつ、自分が関与した冤罪事件は

どうしても納得がいかないから、その案件に立ち向かっていくという、正義感が強いところが良かったです。

さとる:40代女性 評価★★★★★

検事時代に甲斐自身も何かの証拠を隠蔽していたことがあるのなら悩む気持ちもわかりますが

柳の不正に対し何故深刻に悩んでいるのか謎も感じましたが、やっぱり柳の圧力のせいなのかな?と思いました。

何かを隠して今を過ごしている大輔の気持ちがいちばんわかる人だったんですね。

蟹江と大輔が任された元は聴取の案件を勝つか負けるかに持っていく大輔を思った甲斐らしい指南が多少強引だけど優しさがあったと思います。

フェイクのメールを見せる大輔の技ありが良かったけど蟹江が一枚上手だったんですかね。

でも蟹江の無表情さに多少の悔しさが見えたようにも感じました。 最高検、澤田役の市川海老蔵さんがいい感じの悪役感が出ていました。

今の弁護士事務所に入る前提で検事になった甲斐の言い訳は「んっ?」と感じる突っ込みどころでした。

結局証拠資料を見せてしまい、「甲斐に証言させる」がやっぱり澤田のいちばんの狙い所だったんだなと思いました。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★★

鈴木は蟹江に負けると弁護士をやめることになるというプレッシャーとずっと戦っていたのだと感じる。

雛子がU&Tの社長に就任するとのことで鈴木は今後弁護士としてやっていけるのだと思わず安心してしまった。

だがやはり蟹江は金融知識に無駄に強い人物なのだと思った。

以前蟹江は金融知識に優れているとのことで甲斐が蟹江に協力を要請したとの出来事があった。

その時点で甲斐も鈴木も蟹江の脅威を忘れてはならなかったのだと思うと、鈴木は相手が悪かったのだと思った。

つばさ:20代女性 評価★★★★★

幸村代表はいったい何者、鈴木大貴ってと甲斐先生に言ったが甲斐先生は間違った事はしていないと言った。

開き直るのと幸村代表は言った。甲斐先生は資格や学歴にあぐらをかいている人間より彼の方がよっぽど優秀だと言った。

幸村代表はふざけないでよと言った。幸村代表は鈴木先生を直ぐは解雇しなかった。

私が預かると言って甲斐先生を納得させる為に直ぐには解雇にしなかったのだろう。

幸村代表は蟹江先生と鈴木先生に遺言の分配対決をさせた。甲斐先生は絶対に負けるなと言ったが、蟹江先生に完敗してしまった。

甲斐先生は13年前の事件で自分がえん罪をしてしまったと悩み、幸村に鈴木先生に最後に1つだけ手伝ってもらいたいと話した。

甲斐先生の難しい案件に鈴木先生の優秀な頭脳が必要だし、これで鈴木先生の優秀さを幸村代表に見せたいと思ったのかもしれない。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★★

甲斐の凄腕弁護士は検事時代に培ったものであり、今の甲斐を作りあげたのか。

検事時代の柳に苦悩する甲斐の表情はいつもと違い深刻さを物語ってる。

自分の悩みを秘書に打ちかけていたことが二人の信頼関係が初めて実感した。

鈴木と蟹江が姉妹の遺言書作成をするが、二人の仕事ぶりが発揮され、お互いの勝利かと思えた瞬間、

今までと違う展開となり、短い時間でとてもスリル感を楽しむこが出来た。

鈴木のことがチカに知られてしまいどうなるか気になる。

道子:50代女性 評価★★★★★

『SUITS/スーツ』第10話のSNSでのみんなの反応は?

『SUITS/スーツ』第10話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『SUITS/スーツ』第10話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『SUITS/スーツ』第10話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月17日19:44まで)なら、無料で『SUITS/スーツ』第10話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『SUITS/スーツ』第10話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『SUITS/スーツ』第10話の内容ネタバレと感想になります。

第11話からの展開にも注目していきましょう!

『SUITS/スーツ』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-,

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2019 All Rights Reserved.