2018年秋ドラマ

ドラマ『SUITS/スーツ』第5話のネタバレと感想!大輔が悪友がらみで事件に巻き込まれて…

投稿日:

月9ドラマ SUITS/スーツ

©Fuji Television Network, inc. All rights reserved.

2018年11月5日(月)にフジテレビで放送された『SUITS/スーツ』第5話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『SUITS/スーツ』第5話のみんなの感想を知りたい!」
「『SUITS/スーツ』第5話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『SUITS/スーツ』第5話では、大輔の能力が大活躍でしたね!なんでもお見通しで最後には必ず勝つ甲斐もさすがです。
スポンサーリンク

 

『SUITS/スーツ』第5話のあらすじ内容

幸村は事務所に貢献した人を発表しトップは蟹江先生、もっとも売上があったのは甲斐先生と発表し2人に歌舞伎のチケットを一枚ずつ渡し、2人で行って来たらと言った。2人は不満そうだった。

鈴木先生は悪友の遊星から身元引受け人として電話があり、甲斐には祖母が転んで怪我をしたと嘘を付いて行こうとする。

甲斐は車を使えと言うが、鈴木はバツが悪く電車でと言う。

甲斐先生は私有車だからと車で行かせる。

鈴木先生は赤城さんに本当の事を言い、遊星の所に向かうが、運転手がよそ見せずをした時、目の前にトラックが来て事故になる。

鈴木は運転手に謝り名刺を渡すと、運転手は名刺を見て、こちらにまだ甲斐先生はいますかと聞く。運転手は鈴木先生は早くお友達の所にと言った。

鈴木は遊星を引き取りに行った。甲斐先生は鈴木におばあちゃんはと訪ねて、悪友か縁を切れと言う。

鈴木先生は遊星の所に行きもう会わないと言いに来たのを見透かされて、遊星から分かってもう会わないと言った。

鈴木先生はその言葉に会わないと言えずに飲みに行くかと2人は飲みに行った。

そこで、法律事務所の封筒を床に落として、遊星が拾い就職先くと訪ねて、鈴木先生は俺弁護士になったんだと答えた。

夢が叶ったんだなと喜び、就職祝いだと2人は乾杯した。その時に封筒を遊星を追う奴らに見られていた。

甲斐先生はトラックの運転手に示談を頼んでいた。

だがトラックの運転手の糸井は昔甲斐が関わって会社を潰してしまった事から、示談には応じず見舞い金を甲斐に返した。

その時のやり取りを録音編集しネットに流した。弁護士事務所はその事で被害を受け始めていた。

鈴木先生に面会ですと連絡があり行くと遊星を追う奴らがいた。鈴木先生は慌てて逃げて甲斐先生運転手に助けられる。

その事が甲斐先生にバレて中途半端は甘やかしだ本人の為にならないと言われる。

遊星は追っていた奴らに捕まりボコボコにされ、それを鈴木先生に見せ借金500万と書いた物の保証人が鈴木先生になった物を持って来た。

甲斐はやれるなと鈴木先生に言い、鈴木は遊星を助けに行った。物々交換だと遊星とアタッシュケースを交換するが、アタッシュケースの中は奴らの悪事の数々だった。

このまま返せは目を瞑ると言い、無事にかえる。

甲斐先生は糸井さんの後ろを走るドライブレコーダーから一時停止をしていない事を突き止めて糸井さんに、100回争っても100回勝つと言い、傷つけられた私のプライドは高いですよと言い残した。

『SUITS/スーツ』第5話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『SUITS/スーツ』第5話を視聴した方に感想を聞いてみました!

トラックの運転手、糸井が甲斐と因縁があったことに、この事故は偶然ではなく必然的に仕組まれたものなのかと思ってしまいました。

甲斐の運転手、赤城もどことなく影のあるような怪しさも感じましたが純粋にいい人でしたね。また合間に出てきてもらいたいです。

訴訟の一対一より怖い糸井のネット攻撃にSNSを使った応戦が一枚上手だなと感じましたが、大輔の記憶力で後続の車に目を付けたのが決め手だったとも思います。

「クライアントを守るため」と言った甲斐の信念がカッコ良かったです。

傷付けられてもビクリともしないようにも見えますけど、キャラがかった言い方のクセがまた良かったです。

大輔は結局遊星を見捨てることの出来ないんだろうなと思います。事務所に戻りアイコンタクトを甲斐と交わすまでの間に葛藤があったんだろうと思ってしまいました。

玉井はさすが甲斐の秘書ですね。立場を揺るがしかねないギリギリの策略が凄いと思いました。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

いつも冷徹で金儲け主義に見える甲斐弁護士の、底にある優しさがわかる回でした。

大輔の身分査証に関して、自分に被害が及ぶのを防ぐためだけに「遊星のことを忘れろ」と言っているわけではなく、互いに立ち直るために必要な措置だと行っているのが印象的でした。

「過去を断ち切れ」と大輔に言う裏には、自分の過去の苦い思い出があるように見えます。

それを知っているのが秘書の伽?子だけのようで、だから苦言を言えるほど親しい関係にあるのだなとわかってきました。

みっちりねこ:40代女性 評価★★★★☆

大輔が甲斐に「正義は勝つんですよね?」と聞き、甲斐が「勝者だけが正義だ」とワンピースのドフラミンゴノのセリフを言った場面はカッコよくてもう一度ワンピースを読みたくなった。

今回は大輔の悪友である遊星が登場し、その遊星が原因で事故・事件に巻き込まれてしまう。

大輔は最終的には甲斐の命令通り遊星との関係を切ったが、大輔が「俺はお前の知ってる俺じゃない」と言い遊星を突き放す場面では友情をとりたいが仕事を続けるには関係を切らなければならないという心の葛藤が目に見え心打たれた。

1029:20代男性 評価★★★★☆

まず、主人公甲斐正午が猫が苦手という事が分かりその嫌いになったエピソードがあれば知りたくなりました。

寺村チカが蟹江と甲斐に商品として送った歌舞伎の券をワザと二人に一枚づつ渡してからかうシーンやワンピースの台詞が度々出てきたのも面白く見られました。

内容が甲斐と糸井、甲斐と運転手の赤城、大輔と幼なじみの遊星の話が複雑に語られながら本筋のストーリーが進む展開が最初は難しく感じましたが、巻き戻しながらゆっくり見るとナルホドと理解出来てよく作り込まれてるなと感じました。

大輔の記憶力が掃除代行サービスの車を思い出す以外にも、もう少し見てみたかったですが、全体的にかっこよさも感じられて面白かったです。

グリーンリンク:40代男性 評価★★★★☆

甲斐(織田)の車を運転していた赤城(ブラザー)が、事故を起こしてしまい、相手は、運送会社の運転手糸井(半海)だった。

糸井は、甲斐に対して、恨みがあり、甲斐の示談交渉に、応じなかった。糸井は、事故のせいで、運転が出来なくなり、精神的に参っていると言い出し、訴訟を起こす考えを示した。

鈴木は、事故の原因を突き止め、糸井が一時停止しなかったことが原因であることが分かった。法廷速度も超えていた。

一方、鈴木は、遊星(磯村)が、借金まみれで、取り立て屋から脅されていた。

遊星を突き離すことが出来ない鈴木は、助けることを考え、彼らの違法な犯罪行為を見逃す代わりに遊星を助け出す。

今回、鈴木は、悪友遊星と縁を切ることを決めたので、良かったと思いました。

ひろ:40代女性 評価★★★★☆

『SUITS/スーツ』第5話のSNSでのみんなの反応は?

『SUITS/スーツ』第5話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『SUITS/スーツ』第5話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『SUITS/スーツ』第5話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月12日19:44まで)なら、無料で『SUITS/スーツ』第5話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『SUITS/スーツ』第5の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『SUITS/スーツ』第5話の内容ネタバレと感想になります。

第6話からの展開にも注目していきましょう!

『SUITS/スーツ』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-,

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.