2018年秋ドラマ

『下町ロケット2』第9話のネタバレと感想!ロケットバルブで親子対決!

投稿日:

下町ロケット2

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

2018年12月9日(日)にTBSで放送された『下町ロケット2』第9話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『下町ロケット2』第9話のみんなの感想を知りたい!」
「『下町ロケット2』第9話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『下町ロケット2』第9話では、帝国重工の藤間社長の男らしさが注目されていたよね!ロケットバルブの親子対決では、佃社長が勝利!娘も父を認めて尊敬し、父も娘を励ます、素敵な親子関係に感動だったね。
スポンサーリンク

 

『下町ロケット2』第9話のあらすじネタバレ

デモンストレーションで無様な姿で終わった。帝国重工は地に落ちた。

藤間社長は的場にこれは私が承認したものと違うようだと言った。的場は徐々に小さくして行こうとと言い訳をした。

藤間社長は君は保身の為に嘘を付くのかと叱責した。 帝国重工はデモンストレーションの原因はは野木先生にあると言った。

野木先生は佃社長と飲みの席で何だかはめられ気分だと話した。野木先生の開発したものを帝国重工に渡さないからだと言われた事などを話した。

会社では的場への非難は凄いと莉菜は父に言った。

ダイダロス重田、ギアゴースト伊丹達は本当に見事なデモンストレーションだったと喜び、野木先生も可哀想に、それが的場という男だと話していた。

佃社長は帝国重工のトランスミッションに不具合がある事を何度もデモンストレーションの映像を見て確信した。

それを財前さんに伝え、財前さんは藤間社長に佃製作所のトランスミッションと野木先生の制御システムで実験してみてはと提案。

不具合のまま世に出しては帝国重工は更に地に落ちると言った。

佃製作所のトランスミッションで実験が開始され、トラクターは全てのミッションをクリアした。

佃社長は野木先生の物が原因では無いと帝国重工に言うと、一回のテストで何が分かると言われてしまう。

佃社長はでしたら100回でも200回でもやりますよと言ったが、的場は時間の無駄だと帰ろうとした時、藤間社長が現れた。

藤間社長は話しを聞いて野木先生に申し訳ないと頭を下げた。

藤間社長奥沢のもし不具合が出たらの言葉で、これで良く分かった、内はプロジェクトから降りろと言った。

失敗して更に責任逃れとは見苦しいと的場に行った。

ロケット打ち上げに向けて帝国重工も佃製作所も必死に頑張っていた。

帝国重工で莉菜は水原部長にバルブの性能結果を見せて、これで行こうと言われ喜んでいた。

佃製作所も今までに無い出来だ。いよいよその日が来た。バルブ性能結果は佃製作所が全てにおいて帝国重工を上回った。

水原部長は佃社長に電話をした。佃社長はみんなに残念ながらと言ったが、内に決定したと言うと社員みんなは喜んだ。

莉菜は帰ると土手で父が寝転んで待っていた。莉菜は慰めなんていらないと言った。

佃社長に元妻から電話があり、おめでとうと言いたいところだけどと言った。

そして娘が後継問題で悩んでいる事を知らされた。佃社長は正直継いでほしいが押し付けたくないと言った。

財前さんから佃社長に電話、ボーリング場にいると聞いて財前さんはボーリング場に行って話した。

そして財前さんからアルファーワンを一緒にと話しが上がったが、佃社長は前回の事があるからと話しを一旦持ち帰った。

そして殿村に電話をし話した。殿村は自分の米がお店の端っこに追いやられたが、前と変わらない、品質ですよと言った。

佃製作所の品質を信じてますからと言われた。 父は娘を土手で待っていた。お帰りと声をかけた。

娘はパパのバルブ本当に凄かった、感動した、凄いね物作りて、あんなの見せられたら頑張るしかないと言った。

父は自分の物差し他人の物差しそれぞれ違う。やりたい事やればいい、一歩一歩進めばいいと言った。ふたりは土手に寝転んで火星が綺麗だなと空を見ていた。

『下町ロケット2』第9話を見た視聴者からのネタバレ・感想

自動運転のトラクター対決で帝国重工は敗北、予想通りの展開になった。

そして、原因を調査するが帝国重工側のトランスミッションには問題がなく、野木の自動運転システムに問題を責任転嫁する始末、

いつものパターンだ、ちゃんと調べようとしない。ロケットのバルブの時と同じ展開。

そして、これを佃製作所の提案で野木のシステムを検証する。

自分の友人の潔白を証明するのに自社のトラクターを使用するとは社運を賭けたものであったがやってしまう。

通常だと考えられないが佃社長の熱い気持ちが伝わってきた。

そして、ロケットバルブでは、帝国重工対佃製作所でもあったが親子対決でもあった。

娘の利菜も頑張り過去最高水準を達成するが、佃ははるか上の水準で軍配は佃にあがった。

父として複雑な心境だったが、利菜はこれを教訓に上を目指す技術者としなっていくのだと思う。

町どら:50代男性 評価★★★★☆

「やっと佃製作所も認められてきたな」とホッとしながら見ていました。

企業に協力して裏切られた野木教授が、また帝国重工から濡れ衣を着せられてつらい思いをするのではと思っていましたが、

今回は佃製作所のスタッフの協力で素敵な笑顔が見られました。

また、帝国重工にも話のわかる人たちはいるのだなと、少しうれしくなったで回でした。

財前はもちろん、社長や大沢など、話のわかる人たちのおかげで、

帝国重工からロケットエンジンのバルブやトラクターのトランスミッションの依頼まできて、がんばれ「佃製作所」といった感じでした。

mofumofumama:40代女性 評価★★★★★

今回も佃製作所は帝国重工のプロジェクトに振り回されていました。

外された案件なのに、大企業のわがままな都合でまた協力して欲しいという無茶な要望を出してきました。

現実にもこんな事はあり得るのだろうと思いました。

企業の規模ばかりを気にして、下請けの技術力を認めることが出来ずに品質を下げているというのは消費者にとっても損ではないでしょうか。今

回も殿村に電話していましたし、佃社長が農業に非常に強い関心を持っていると感じました。

まるやまちゃん:40代男性 評価★★★★☆

佃佃の社長と娘のバルブの性能対決があったり、佃の無人農耕機とアルファ1の性能対決があったりと、観ていてハラハラドキドキしました。

いずれにしても佃製作所が勝った訳ですが、やはり、佃は品質が良いと思います。

なぜ佃が成功するかというと、元妻が言っていたように、佃は何回も失敗しているからです。

それでもあきらめなかったことが、実を結んでいます。娘もその根性を受け継いで、立派な技術者になってもらいたいなと思います。

さき:40代女性 評価★★★★★

父と娘のロケットバルブ対決は父の佃製作所が圧勝に終わった。

娘は父にパパのバルブ凄かった、感動した、凄いね物作りって、あんなの見せられちゃったら頑張るしかないと言って父を尊敬している。

父も娘に自分の物差し他人の物差しそれぞれ違う、やりたい事やればいい、自然と見えて来る。

一歩一歩進めばいいんだとアドバイスをして、本当は佃製作所を継いでほしいのに、娘の事を認めて、娘の背中を押す父の姿がカッコイイと思った。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★★

『下町ロケット2』第9話のSNSでのみんなの反応は?

『下町ロケット2』第9話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『下町ロケット2』第9話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『下町ロケット2』第9話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月16日20:59まで)なら、無料で『下町ロケット2』第9話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『下町ロケット2』第9話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『下町ロケット2』第9話の内容ネタバレと感想になります。

第10話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください

『下町ロケット2』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2019 All Rights Reserved.