2018年秋ドラマ

『下町ロケット2』第7話のネタバレと感想!突然の取引中止に佃製作所ピンチ・・・!

投稿日:

下町ロケット2

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

2018年11月25日(日)にTBSで放送された『下町ロケット2』第7話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『下町ロケット2』第7話のみんなの感想を知りたい!」
「『下町ロケット2』第7話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『下町ロケット2』第7話では、帝国重工の卑劣なやり方にピンチを迎える佃製作所。でも最後には財前部長とまた繋がりができて安心したよね!
スポンサーリンク

 

『下町ロケット2』第7話のあらすじネタバレ

帝国重工の的場に佃製作所を切れと言われた財前、今までの信頼関係が失われることで佃に頭を下げる。

財前は心の内を話し野木先生を説得して欲しいとお願いするが、佃のプライドが許さず断ります。

独自の農業を行っている殿村が農業法人の人から嫌がらせを受けます。

殿村の父はくだらない人間関係より美味しいお米を作ることのほうが大事と殿村に言う。

財前が殿村の所で農業を手伝ったお礼の手紙を送り、このことを佃に報告したことで殿村の父の所でトランスミッションを作るきっかけを思い出します。

佃は未来の農業のために財前に協力する決意をします。

キジマ工業に行く佃たちはエンジンとトランスミッション発注の見直しをされます。

ギアゴ-ストの方がスペックが上だということが分ります。

佃は野木先生の所を訪れ自分の力不足だったことを謝罪して帝国重工の財前に協力して欲しいとお願いします。

佃には他の考えがあるようで、トランスミッションの開発は続け、無人農業ロボットトラクタ-を野木の研究と協力して独自に開発することになります。 

佃は財前との信頼関係も壊すことなくプロジェクトを進めることをお願いするが的場に財前を外されます。

佃製作所と野木の関係は未来の農業の形がしっかり見えて順調、ついにエンジンとトランスミッションの試作品を完成させ実験用トラクタ-を野木のところに届けます。

帝国重工の奥沢が現れ佃製作所は下請けのことを帝国重工に従えと冷たい態度でののしる。

野木は世界に開発を公開すると強気の態度で奥沢を黙らせます。

野木は言葉の通じる財前でないと話をしないと奥沢を追い返し財前は野木の窓口となります。

帝国重工の的場が新規事業、無人農業ロボットの記者会見をすることになり多くの報道陣です。

重田は佃に会い帝国重工に敵討ちをすると告げます。

次の朝、帝国重工を恨んでいる中小企業の人達が、一足早くテレビで無人トラクタ-を作り上げてた様子をテレビで流されています。

『下町ロケット2』第7話を見た視聴者からのネタバレ・感想

ストーリーはロケットから農業機械に転換している所ですが、今回も様々な問題が発生しました。

それにも負けずにしっかりと先を見て立ち向かう佃製作所は本当に良い会社だと思います。

社長も社員も夢に向かっていく姿には感動します。もちろん他の企業にも良い人はいますが、会社として真っ直ぐで強い想いや気持ちが前面に出てきている会社はやはり佃製作所です。

下町ロケットというタイトルのドラマの中で下町トラクターが登場してきたのも面白いです。

やま:40代男性 評価★★★★★

帝国重工の財前部長、北海道の大学教授の野木教授(佃社長の旧友)、そして佃製作所が協業して、

自動農業ロボットのプロジェクトを始めようした中、帝国重工の次期社長候補の的場によって、プロジェクトメンバーから佃製作所が外されてしまった。そ

れを知って野木教授もプロジェクトからは離脱したが、外された佃社長はその悔しい思いを噛み殺して、『自分達は外されてたが、将来の農業のために野木はやるべき』と説得した。

佃社長の器のデカさと純粋な消費者へのピュア気持ちに凄く感動した話でした。

じょー:20代男性 評価★★★★★

帝国重工の、傍若無人かつ卑劣なやり方が際立ったストーリーだった。

中小企業をなんとも思わない独善的な仕事の仕方はかなりデフォルメしたい脚本だが、その分悪役が際立って倒し甲斐があるというもの。

佃製作所と野田教授、そしておそらく大事な役どころである脱ギアゴーストの島津さんの中小企業連合が鬼退治をするお膳立てができたと言える。

大企業の帝国重工にあって佃製作所側に位置する財前部長との結びつきが更に強固になった。

ちょっきゅー:50代男性 評価★★★★★

帝国重工の的場はズルくて汚い、財前さんの企画を全て取り上げて自分の手柄にした。

財前さんと佃社長を切ったのに、野木先生の説得は佃社長に頼む役割を財前さんにさせるなんて的場は鬼だ。

的場の金魚のフン奥沢は野木先生に失礼な事を言って特許をとろうとしていた。だが野木先生は奥沢にくれてやる、ただし世界中に公表すると言った。そ

して今後は財前をとおしてくれ、言葉の通じる人としか話さないと言った。

スカッとした。これで財前さんがまた一緒にやれるようになった。良かったです。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★★

帝国重工の目標達成する為には手段を選ばない手に色々と振り回される佃製作所。

今回はロケット事業で娘とライバル関係にされて、大変なのに、更に追い討ちをかけるように佃社長と財前部長で進めてきた新事業、無

人農業トラクターの開発までを内製化を理由に乗っ取ろうとする的場のやり方にかなりイライラとしてしまうのですが、

そんな中でも大親友の野木まで被害者になってしまい、佃製作所はごちゃごちゃにされてしまう中、野木の佃への信頼と2人の友情がすごく良かったです。

hy:30代男性 評価★★★★★

『下町ロケット2』第7話のSNSでのみんなの反応は?

『下町ロケット2』第7話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『下町ロケット2』第7話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『下町ロケット2』第7話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月2日20:59まで)なら、無料で『下町ロケット2』第7話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『下町ロケット2』第7話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『下町ロケット2』第7話の内容ネタバレと感想になります。

第8話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください

『下町ロケット2』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.