2018年秋ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のネタバレと感想!結婚詐欺案件が和解で解決!

投稿日:

リーガルV

Copyright© tv asahi All rights reserved.

2018年11月29日(木)にテレビ朝日で放送された『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『リーガルV』第7話のみんなの感想を知りたい!」
「『リーガルV』第7話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『リーガルV』第7話は先週から引き続き結婚詐欺の案件だったね。ハラハラしたけど、最後はスカッとできる爽快ストーリーだったね!
スポンサーリンク

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のあらすじ内容

ローズブライダルに対して、結婚詐欺に対する集団訴訟を起こすが、被害者達は、なかなか集まらなかった。

被害者として立ち上がることに難色を示していたのだった。

そして、実際に証拠として使えるような詐欺マニュアルやパソコンの情報は、破棄されていた。

桜会員に対しては、口頭で、詐欺テクニックを教えていたので、証拠としては、使えなかった。

裁判では、伊藤が、ローズブライダルに登録した後に経験した事を話す。

会員達の情報を最初から知っていたような相手が紹介され、その相手からの口説かれ文句等も、同じようなものであったことから、予めマニュアルが存在していた可能性があると証言するが、証拠としては不十分であった。

そして、法廷では、海崎によって、伊藤の過去が暴かれ、罪を犯したものの証言を信用できるのかと問われてしまう。

小島遊らは、裁判に勝てそうにないと困っていたところ、ローズブライダルを立ち上げた時に関わっていた人物からマニュアルを手に入れることが出来る。

そのマニュアルを天馬や海崎に見せ、和解交渉をするが、天馬は、そのマニュアルを使って、口説いたという証拠がなければ、証拠としては不十分だと言い放つ。

証拠として不十分だと言われ、打つ手のない青島達だった。

そんな中、馬場が偶然、ローズブライダルの代表とミカド通信の会長の密会を録画していて、そのネタを使って、和解交渉に応じるように進める。

ローズブライダルの代表は、被害者達を前に謝罪をする。

ローズブライダルに騙された一人でもある白鳥は、誠意が全く感じられない代表に対して、土下座をして謝るように求める。

和解は成立して、多額のお金が、京極法律事務所に入る。

一方、青島は、小島遊に頼まれ、小島遊が、過去に担当した殺人事件で弁護をしてきた受刑者に面会し、真実を話して欲しいと説得する。

受刑者は、久しぶりに小島遊に会いたいと話す。一年ぶりに小島遊が会いに行くと、そこには天馬がいた。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『リーガルV』第7話を視聴した方に感想を聞いてみました!

今回は、今までの傾向では珍しく2話にまたがっていて、負けていた状態からのスタートのため、這い上がっていく流れがとても興奮しました。

翔子は、白鳥の弱みを握ったり、被害者の原告団が一気に50人に増えたりとテンポよく進んでいて望んでいたスカッとする展開が見られました。

今まで「勝ち」にこだわってきましたが、最後、和解が一番良いという結論となったのは意外でした。

和解決定後、結婚詐欺の社長を、勢いよく土下座させた菜々緒さん演じる白鳥は、とてもかっこよかったです。

シェリー:20代男性 評価★★★★☆

今回は久しぶりに裁判で勝てました。といっても和解ですが…。

やっぱり相手を任せると嬉しいものです。最後には土下座もして謝っていました。

これで被害者もすっきりです。 白鳥も被害者の一人でした。驚きです。

婚活をしていたようには見えない白鳥。実はもてないのでしょうか。

海崎のような素敵な人をゲットできてよかったですね。

これで幸せをつかんでほしいです。 海崎も白鳥のことは本気でしょうか。

事務所で働く伊藤理恵も早くいい人見つけて結婚できればいいなと思います。

さつまいも:30代女性 評価★★★★★

ローズブライダルの結婚詐欺に対して集団訴訟を起こすというものでしたが、証拠がなかなか見つからず、悪戦苦闘していました。

伊藤が、自分の過去を裁判で語ったり、銀行時代の知り合いを頼って、情報を得る姿は、パラリーガルとして一生懸命やっていて、応援したくなりました。

天馬の証拠に対する指摘に対して、小島遊の表情が固まるシーンは、迫力があって、二人の演技は、これからも楽しみです。

そして、白鳥が、ローズブライダルの代表を土下座させるシーンは、観ていて、スカッとしました。

みずき:30代男性 評価★★★★☆

今回のリーガルV第7話は前回の婚活詐欺の集団訴訟の続きのお話でした。

始めは巨大な圧力により、小鳥遊翔子をはじめとする原告側は不利な状況に追い込まれ、

もしかするとこのまま婚活詐欺の被害者達は、泣き寝入りしなければならないのかと、ドキドキしてしまいました。

しかしながら、最後は小鳥遊翔子達京極法律事務所の人達と原告側の人達の力が勝ち、婚活詐欺集団をコテンパンにやっつけられたので、スカッとしました。

一番かっこよかったのは、こちらも婚活詐欺の被害者で白鳥美奈子の相田社長への土下座を強要するシーンでした。

また、カラテカ矢部さん演じた被害者の塩見も最後は、訴訟を通して本当の恋人と結ばれ、良かったなと思いました。

あーちゃん:20代女性 評価★★★★★

フェリックスの白鳥さんもまさか結婚相談してたとは意外だった。

白鳥さんのようにバリバリのキャリアウーマンでも結婚は憧れるんだと思った。そ

う言う人達を食い物にする人は許せないと思った。

裁判でパラリーガルの伊藤さんが罪は償ったんです、私だって幸せになる権利はあるでしょう、と言った事はそうだなと思った。

それに賛同した人達が集まった事は良かった。

小鳥遊が結婚相談所の社長にみんなに土下座してと言った時に、白鳥さんが社長に一喝入れて土下座させたのは見て居てスカッとしたし、面白かった。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★☆

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話のSNSでのみんなの反応は?

『リーガルV』第7話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『リーガルV』第7話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月6日19:00まで)なら、無料で『リーガルV』第7話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『リーガルV』第7話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第7話の内容ネタバレと感想になります。

第8話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『リーガルV』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.