2018年秋ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のネタバレと感想!結婚詐欺の裁判でまさかの訴え却下?!

投稿日:

リーガルV

Copyright© tv asahi All rights reserved.

2018年11月22日(木)にテレビ朝日で放送された『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『リーガルV』第6話のみんなの感想を知りたい!」
「『リーガルV』第6話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『リーガルV』第6話は、結婚詐欺の裁判。一話完結スタイルだったのが、初めて翌週に持ち越したね!どうなっていくのか来週が楽しみだね!
スポンサーリンク

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のあらすじ内容

今回の案件は結婚詐欺、小鳥遊翔子の率いる京極法律事務所に塩見(矢部太郎)が相談にやって来る。

相談内容は婚約者にお買い得だと言われ3000万円で購入した土地が実は評価額500万円だった為、どうにかならないかと相談。

詳しく話を聴くきその婚約者に連絡させると音信不通。

小鳥遊達は結婚詐欺だと塩見に言うが信じようとせず、くわしく調査を始める。

調査していくうちにローズブライダルという婚活相談所に対する疑惑が浮上。

伊藤理恵(安達祐実)を潜入させ馬場雄一(荒川良々)に見張りをさせる。

伊藤のお見合い相手(武井壮)が塩見の婚約者に会っている現場を見つけ自宅を割り出す。

婚約者を京極法律事務所に呼び出し結婚詐欺を追求するが法律に詳しい婚約者は断固拒否かえって不利な状況になってしまう。

一方ローズブライダルの詐欺行為を立件させる為証拠を見つけるため、芽野明(三浦翔平)を使いローズブライダルのサクラであろう女性をホストクラブに呼び出し証拠の映像を抑える。

ミカド通信会長の我妻憲司郎(国広富之)は今回の件をFelix & Temma法律事務所にてを回し影で画策。

ローズブライダルを京極法律事務所に訴訟を出すとFelix & Temma法律事務所の代理人から返事があり、代理人弁護士は海崎勇人(向井理)が担当であることを伝えてくる。

豪邸にローズブライダルの社長(東ちづる)を呼び尋問するがことごとく否定。

証拠の映像を流すとうろたえるが、海崎は証拠は違法に得たものであると逆に、証拠の映像を出してくる。

審議は判定に持ち越された、結局、Felix & Temma法律事務所の天馬(小日向文世)が圧力を与え、証拠は違法に得たものと判断され訴えは却下される。

それに怒った小鳥遊は裁判官に法定の名誉を汚したのは裁判官と唱え退席。

その様子をマスコミが報道。しかしこの報道は小鳥遊が予め用意しておいた作戦だった。

今回は訴えを却下されるが、再度、訴えを起こすために被害者の会を立ち上げ集団訴訟に持ち込む。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『リーガルV』第6話を視聴した方に感想を聞いてみました!

今回は相談に来た塩見を演ずる矢部太郎の結婚詐欺の事案だったが、元スト-カーのパラリーガル馬場までも同じ相手に騙されていた。

こんな男は騙されやすいと言わんばかりで、ドキッとした人もいるかも知れません。

裁判はいつものように奇策で勝つと思いきや、今回は相手側の海崎弁護士が上手で、いつものお返しとばかりに、違法性のある証拠であるとそして裁判官が棄却する。

いつかは負けると思っていたが、意外と早かった。

しかし、これで終わるはずがない、その仕掛けを裁判で仕込む小島遊、やっぱり凄い。

今までの戦い方は通用しない、どうやって戦うのか見ものです。

はいどら:50代男性 評価★★★★☆

今小鳥遊翔子がいいように天馬法律事務所に左右されているのにイライラしました。

天馬はなぜこんな怪しい会社に加担するのでしょうか、疑問です。

それにしても、ヤメ検の弁護士が今回は全く活躍しませんでしたね。

ポチこと青山弁護士1人ががんばっている雰囲気で、法廷としてはあまり盛り上がらなかったので、その点は残念でした。

しかし最終的にはマスコミを利用して、ある意味自分自身を犠牲にして構想に向けてがんばっている翔子の姿が、とても頼もしく見えました。

みっちりねこ:40代女性 評価★★★★☆

毎回1話完結で1つの事案が解決しているので、今回も結婚詐欺なんていつものようにテンポよく解決するのかな~と思いきや、

予想外に相手のバックに大きな闇がありそうで一筋縄ではいかず、初めて同じ案件が翌週に持ち越しになりました。

結婚詐欺を立証できる証拠を手に入れたのに、まさかの証拠を認められない展開で今回の件は法曹界の闇が色々見えそうだし、

小鳥遊さんの過去や海崎弁護士の目的などにも繋がりそうで、ドラマの本筋が大きく進んでいきそうな予感がします。

鈴菜:30代女性 評価★★★★☆

今回の案件は結婚詐欺から発展していく、京極法律事務所に塩見一郎(矢部太郎)が土地がらみの詐欺にあったと相談に来る。

しかしそれは結婚詐欺によるものだと判明、詳しく調べていくと、ローズブライダルという婚活相談所が関わる詐欺ではないかと疑う。

塩見は結婚詐欺ではないと婚約者を信じるがローズブライダルのサクラだと判明。

証拠を集めローズブライダルを相手に裁判を起こす。

しかしローズブライダルの代理人はFelix&Temma法律事務所の海崎(向井理)であり、証拠は違法に得たものだと言い、塩見の訴えは棄却される。

kenken:40代男性 評価★★★★☆

婚活相談所を舞台にした詐欺事件で単純な話かと思いましたが、思いがけず大騒動に発展していきます。

結婚詐欺の被害者をカラテカ矢部が演じていましたがイメージぴったりでした。

単純な事件なのに一審では負けてしまいます。

不審な匂いを嗅ぎとった翔子が初めて裁判官に喝を入れます。かっこいい!待ってました!とスカッとしました。

マスコミのカメラに対してもカメラ目線で宣言する姿にいよいよ始まったな?と感じました。

今まで控えに回っていた翔子がとうとう表舞台に立ち、悪を裁いてくれるのかと思うとワクワクしました。

まるこゆず:50代女性 評価★★★★☆

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話のSNSでのみんなの反応は?

『リーガルV』第6話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『リーガルV』第6話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月29日19:00まで)なら、無料で『リーガルV』第6話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『リーガルV』第6話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第6話の内容ネタバレと感想になります。

第7話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『リーガルV』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.