2018年秋ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のネタバレと感想!ポチこと青島弁護士大活躍!!

投稿日:

リーガルV

Copyright© tv asahi All rights reserved.

2018年11月15日(木)にテレビ朝日で放送された『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『リーガルV』第5話のみんなの感想を知りたい!」
「『リーガルV』第5話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『リーガルV』第5話は、ポチの抱えていた案件で、見事無罪を勝ち取ったね!ネットの誹謗中傷の恐ろしさにも考えさせられる話だったよね・・・。
スポンサーリンク

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のあらすじ内容

青島は町村が50箇所以上の刺し傷などにより重症を負った事件を調べていた。

凶器の指紋や、町村の証言などから同級生で第一発見者ほ武藤が起訴され、一審で実刑判決を受ける。

その後、武藤の母はそれを苦に自殺してしまったのだった。

青島はこの状況を逆転しようと証拠を集める。

小鳥はこの案件がお金になりそうだと分かると、証拠集めにやる気を出すのだった。

そして事件の現場地到着した小鳥と青島は、現場近くのラブホテルで調査に行く。

そして二人がラブホテルを出ると事件現場に花を置く武藤の父親の姿が。

母親は武藤の実刑判決後、ネットによる誹謗中傷により自殺したのだった。

数日後、小鳥と青島は、武藤の父親を訪れる。

そして、武藤が町村に憧れていたことなどを聞く。

次の日、武藤の大学などの調査から裏メニューで半グレ集団が絡んでいることを知る。

小鳥と青島は再び事件現場近くのラブホテルに行き、受付の人に話を聞くと、武藤を事件当日駅で見たと言う。

しかし、それだけでは証拠不十分なので、合コンパーティーに参加していた女に話を聞くため馬場と茅野はパーティーに潜入する。

そこで、中西の存在を知る。中西が原因で町村は半グレ集団と付き合うことになった。

事件の真相は、ベンチャー企業を経営する町村を何とか取り込みたかった半グレ集団が企業を解散しようとする町村を襲い、

そして脅されていたから、犯人を武藤だと嘘をつき、その後も半グレ集団に監視されていたので町村は本当のことを言えなかったのだった。

その後、裁判で青島が武藤の母親の手紙を読むと、町村は本当のことを話し、武藤が犯人ではなく、中西と半グレ集団だと証言し、無罪を勝ち取るのだった。

その後、小鳥は町村の事件についてネットの書き込みをした人たちに損害賠償請求の書面を送り、

講義のために集まったその人たちに「あんた達がやったことで人一人が死んでるんだよ!人殺しの自覚があるのか?」と一喝するのだった。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『リーガルV』第5話を視聴した方に感想を聞いてみました!

今回はポチこと青島弁護士がメインの裁判でした。

し頼りない感じがしますが、弁護中に弁護人の母親が亡くなったという事もあり、絶対勝つまで戦う気持ちが出ていた。

犯グレに脅迫され幼馴染を犯人と証言している。

そこまで弱みをつかまれていた。証人を探しに現場近くのラブホに向かう、どういう展開なんだ、青島弁護士は初めて落ち着かないが、小島遊は楽しそうだった。

見つかった証人はYOUだった。なんかボケてくれるかと思っていたら、やはり裁判でボケかましてくれた。

裁判は母の手紙をよんだところで、幼馴染が虚偽の証言を認めて決着。

あの手紙はもしかしてと思わさせるものだった。ラ

ストはネットに誹謗中傷を書いた人に損害賠償請求、人が亡くなっている事を考えるとやむを得ないけど、ここでも青島弁護士がシャキッとしていてカッコよかった。

どらまる:50代男性 評価★★★★☆

今回は青島が頑張りました!!前からかかえていた案件の逆転勝訴の為に「京極法律事務所」のメンバーの力をかります。

案件は大学生でベンチャー企業を立ち上げた町村への幼馴染の武藤による暴行障害事件です。

真犯人はわかっているのに町村本人がそれを認めないのです。

青島が裁判で使ったのは「武藤の亡き母から町村へ宛てた手紙」内容は涙をさそうもので町村と武藤が前のような友人関係にもどれることを願った手紙でした。

手紙を読み聞かせられた町村は真実を語り、後輩の西村の犯行だと確定されました。

手紙が本当にあったものか?ちょっと謎が残りましたが青島の弁護士としての成長が感じられた回でした。

ゆきみん:50代女性 評価★★★★★

待ち合わせ場所で幼馴染の同級生が刃物で刺され重傷を負っていたため救急車を呼んだ武藤正洋はなぜかやってもないのに傷害罪で起訴されます。

無実を訴えますが凶器の刃物から指紋が出ており、さらに被害者が法廷で"武藤から暴行を受けた"と証言したため一審で実刑判決を受けてしまいます。

ここで疑問だったのはなぜ凶器に指紋があったのかという理由を明確にしなかった点です。

指紋の付き方や血の付き方などを検証していない弁護士の青島はやる気あるのかと思ってしまいました。

武藤の母親が息子の無実を信じていろいろしていたという話はとても素晴らしいと思ったんですが、父親はなぜ一緒に行動しなかったのかと疑問に思ってしまいました。

妻が死んだのはお前のせいだと青島を罵っていたのも、責める相手が欲しいだけにしか見えずとても胸が苦しくなりました。

鈴菜:30代女性 評価★★★★☆

今回の5話は、なんともやるせなくなるストーリーでした。

かつては、持ちつ持たれつで、友情をはぐくんできたのに崩壊してしまうのは、とても悲しかったです。

無実の罪を着せられ、そのショックから大切な母親までも失った武藤くん、大怪我を負わされ、自分の親友に罪を着せなければいけなかった町村くんはどちらの立場に立っても辛いです。

一方、この案件に対して、最初は学生同士の争いなので、興味を示さなかった翔子が財力があると知った途端乗り気になったのは、潔くてある意味心地良かったです。

最初は自信が無かったポチが、最後自分の突きつけた参考書類によって、真実に結び付けられて勝ててよかったです。

シェリー:20代女性 評価★★★★★

今回はポチこと青木弁護士の依頼を描く。依頼人は男子学生。

友人の男子学生起業家が50箇所刺されて倒れていた現場の第一発見者という理由で加害者とされている。

小鳥遊は「この事務所に入る前の依頼だし、報酬は出るの?」と否定的な態度だが、男子学生起業家が携わっているマッチングアプリ事業が年商10億円と聞くやいなや半ば強引に証拠集めに乗り出す。

小鳥遊達は大胆ながらも確実に証拠を拾い集めていくうちにマッチングアプリビジネスやネットの掲示板の闇に触れていく。

裁判では味方側から思いもよらない証言が飛び出してきたが、辛くも勝訴。

見事に男子学生の名誉を取り戻した。

裁判後はネットの掲示板に男子学生一家の個人情報や母親の暗い過去を掲載したり中傷した人々に慰謝料として30万円の要求、

裁判の場合は氏名や住所などが公表される事に反論されると「これがさらされるということよ」と返したところがスカッとした。

somariまるこ:20代女性 評価★★★★★

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話のSNSでのみんなの反応は?

『リーガルV』第5話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『リーガルV』第5話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月22日19:00まで)なら、無料で『リーガルV』第5話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『リーガルV』第5話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第5話の内容ネタバレと感想になります。

第6話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『リーガルV』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.