2018年秋ドラマ

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話のネタバレと感想!京極が初めて法廷に立つ!

投稿日:

リーガルV

Copyright© tv asahi All rights reserved.

2018年11月8日(木)にテレビ朝日で放送された『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『リーガルV』第4話のみんなの感想を知りたい!」
「『リーガルV』第4話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『リーガルV』第4話は、遺産相続の裁判だったね!大どんでん返しのラストがおもしろかったよね~!
スポンサーリンク

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話のあらすじ内容

峰島興業の会長が、突然、病院で亡くなり、会長の莫大な遺産相続に対して裁判が起こる。

峰島は、妻と離婚していて、一人息子がいたが、疎遠だった。

遺言書は、見つからなかったので、一人息子に全額遺産がわたると思われたが、玲奈(島崎)という女性が、自分は、峰島が亡くなる前に結婚していて、婚姻届を出したので、遺産を相続する権利があると言う。

玲奈と一人息子の間で、遺産相続の裁判が起こる。

玲奈の弁護は、京極法律事務所の京極(高橋)が担当となり、弁護士として、初めて法廷にたつことになり、かなり張り切っていた。

一人息子の方は、鑑定書付きの会長による遺言書が存在すると言いだした。

京極は、遺言書は、会長の筆跡とは、微妙に違うような気がすると言い出し、100人の鑑定士に依頼し、筆跡鑑定を行う。

そして、遺言書が、偽造されたものであることが、証言によっても、証明される。

玲奈が、優位であるかのように思われたが、Felix & Temma法律事務所の海崎(向井)は、死亡診断書が、偽造であることを医師の証言により、証明する。

会長が亡くなった後に婚姻届は出され、玲奈は、医師に死亡診断書の亡くなった時刻の偽装を頼んでいたのであった。

玲奈は、会長が亡くなる前に記載された婚姻届けを持っていて、早く出しに行こうとしていたが、会長が、自分の手を握って離さなくて、心細そうな会長を置いて、婚姻届を出しに行けなかったのだと話し、結婚は、死亡後であったことを認めた。

玲奈も一人息子も遺産を相続する権利がなくなり、遺産は、国に取り上げられると思われた。

その後、会長のお墓の前で、会長の運転手をしていた外国人に会い、会長が数ヶ月前に牧場を見に来た時に、ビデオに向かって、何かを話していたと分かる。

それは、遺言書で、高杉牧場に遺産を寄付すると言う内容であった。

しかし、実は、会長は、遺言をビデオに収めていて、玲奈に大事にしていた高杉牧場が寄付されることになる。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『リーガルV』第4話を視聴した方に感想を聞いてみました!

最初はよくある資産家の遺産相続の揉め事かと思いましたが、玲奈の心の闇が深すぎて、ちょっと怖かったです。

嘘ばかりで何が本心なのかわからないところはありましたが、最後に語った、峰島の死に際に傍を離れがたかったという思いと、彼の意志を継いで遺産をもらっても全額寄付するつもりだったという冗談めかした台詞こそが、玲奈の真実だったように感じました。

最終的には自分は逮捕されてしまいましたが、無事に遺産を寄付できたラストは良かったです。

湊海:40代女性 評価★★★★★

今回は、若い女性が高齢男性の財産目当ての結婚。

というよくある話かとおもいきや、話は10年前にさかのぼり玲奈の祖父の牧場を廃業に追い込んだ峰島会長への復讐か?!というお話しでした。

玲奈と会長の婚姻期間はわずか4時間。その4時間だけで200億もの遺産を手にいれようとするのだから、いろいろと疑われてあたりまえ。

しかし話しをつきつめていくと、やはり2人の間に愛!!はあった。と思わせるラストでした。

峰島会長の玲奈への愛なのか、罪滅ぼしなのか本当のところはわかりませんでしたが、玲奈がただのお金めあてだけではなかったのだろうと思わせるラストは見ていてすくわれました

yuyumayu:50代女性 評価★★★★☆

遂にというか、やっと海崎が良い場面で出てきたなと感じました。

遺産相続を争っての正太郎と玲子が200億円をかけての法廷バトル!いう様な先週の予告から期待して、見させて貰いました。

オープニングの牧場の看板が何を意味するのか、気になっていましたがナルホドと思う内容で玲子が牧場を再建する為に、恭介に近づいて金を奪おうとした。

とそれだけで終わらず、恭介の方も遺産を牧場に寄付する遺言書を車に隠してあった事を知り、面会室で「ありがとうございました」と涙する玲子のシーンも印象的でしたし、

最後まで、色々と目まぐるしく変わる法廷の場面も面白く見させて貰いました。

最後は1円にもならない事を知って力の抜ける翔子でしたが、今回も楽しかったなという感想です。

グリーンリンク:40代女性 評価★★★★☆

京極(高橋)が初めて弁護士として、法廷に立つ。

法廷で、京極のファンがたくさんいて、面白かったです。

小島遊がいた大手事務所の海崎(向井)と戦う。

死亡診断書は、玲奈によって、遺言書は、会長の一によって、偽造依頼があったことが分かり、二人とも遺産相続をすることが出来なくなる。

今までの展開とは、ちょっと違っていたので、ワクワクしました。

小島遊のファッションは、今回も素敵でした。赤が、とても似合っていました。

あおちゃん:40代女性 評価★★★★★

資産200億の大富豪、峰島恭介がなくなり、葬儀で年の差50歳の妻の玲奈が突然あらわれる。

峰島が亡くなる前日に婚姻届を出した高級クラブのホステスだった。峰島の息子たちは憤慨し婚姻無効として裁判を起こした。

大富豪の遺産相続のスキャンダルはたちまち週刊誌に載り世間の注目を集めた。

週刊誌を見た京極法律事務所は、玲奈と知り合いの明の伝手で玲奈の務める高級クラブへ。

第一回口頭弁論で大富豪の峰島の知人男性の証言からから遺言書があるとわかった。

その後銀行の貸金庫から見つかった遺言書は峰島恭介の息子が偽造した文書だったが、玲奈が出した婚姻届も峰島が亡くなった後にだされたものと判明した。

両者ともに罪を犯したため相続権をなくし、遺産は国に召し上げられる形になった。

全てが終わったと思われたが、峰島のお墓に花を備えにいった小鳥遊一行は元運転手であったカルロスの証言により本物の遺言書を見つけることとなった。

somari:40代女性 評価★★★★☆

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話のSNSでのみんなの反応は?

『リーガルV』第4話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『リーガルV』第4話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はauビデオパスで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月15日19:00まで)なら、無料で『リーガルV』第4話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『リーガルV』第4話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第4話の内容ネタバレと感想になります。

第5話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『リーガルV』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.