2018年秋ドラマ

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話のネタバレと感想!13課が作られた理由とは・・・?

投稿日:

ドロ刑2018年12月8日(土)に日テレで放送された『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『ドロ刑』第9話のみんなの感想を知りたい!」
「『ドロ刑』第9話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『ドロ刑』第9話は、班目が煙鴉に拳銃で撃たれる衝撃のシーンからスタート!ついに班目も煙鴉逮捕を決意したね。煙鴉の目的とは一体?最終回で謎が明らかになるのが待ち遠しいよね!
スポンサーリンク

 

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話のあらすじネタバレ

ある朝、次々出勤してきた13係のメンバーは呆然。 バラまかれた200万円は、残された煙草の香りから、煙鴉の仕業とわかる。

斑目のIDカードが偽装されており「おまえどこまで情報流した?」と怒る皇子山。

皇子山は妹・真里の5年前の自殺の再調査を1課に依頼、他のメンバーも「お歳暮」で斑目を許す、というが…。

まだ煙鴉を信じたくて悩む斑目に煙鴉が会いに来る。 「俺を利用したの?」と斑目。

「当たり前だろ」「命がけなんだよ」と煙鴉は拳銃を発射! かすり傷だが、腕を打たれる斑目。

煙鴉からのヒントは“虹”という言葉とコースター“七波隆”の文字。 次のターゲットか、と騒然となる13係。

鯨岡係長は、拳銃携帯を指示する。 内々に警視総監から「煙鴉の確保は生き死にを問わない」と言われたのだ。

斑目に、逮捕の覚悟がないなら現場にはいかせない、と係長。 細面によって、目的は「七波隆の手帳では」と判明。

七波隆の周囲は自宅のマンションも顧問をしているモーリス工業のセキュリティも万全。

しかしよりによってシンポジウムが開催され、大勢の集客を見張る13係。 ビジネスマン風の煙鴉もいるが、だれも見分けがつかない。

しかし左門がスリ目の連中が七波の周囲に集まっていることを確認する!

最初に動いたスリを逮捕したものの、七波の手帳は煙鴉にまわされ、白紙の手帳とすり替えられてしまう。

そこには“虹”とだけ記入があった。煙鴉を取り逃がし、スリたちは自白せず、七波は「大したことは書いていない手帳」としか言わない。 大失敗だ。

次のヒントは、バーのマスターから斑目に渡されたコースターだ。 “阿川義一”の文字と黄色いマルが書かれている。

阿川義一は元裁判官で、黄色いマルが意味する満月は今晩と考え、13係は張り込みをかける。

煙は鴉阿川のオフィスのあるビルに侵入、金庫の業務日誌を盗み出す。

美希の鋭い耳で追い詰めたものの、煙鴉は斑目の目の前で屋上から飛び降り、逃走してしまう。

細面は“RAINBOW”のつづりに被害者の頭文字か含まれていることに気づく。 先日の議員も200万円以外のものを盗まれたのかもしれない。

鯨岡係長は煙鴉に車で待ち伏せされ、2人は知り合いなうえ、警視総監にも思惑があることが判明。

皇子山は亡き妹の爪には煙鴉のDNAが付着していたことを知り、ショックを受ける。

斑目はついに「俺が捕まえます、煙鴉を!」と決心する。

『ドロ刑』第9話を見た視聴者からのネタバレ・感想

中島健人が演じる班目刑事の偽造されたIDカードで何者がが13係に侵入しお金をばらまかれた。

遠藤憲一が演じる煙鴉がやったと気づく班目。自分が利用されていただけと思う半分、何か理由があるのではとも。

今までの流れからすると班目達13係に何か伝えようとしているとしか思えなかった。それは虹と言われたこととコースターに書かれた3人の名前にヒントが隠されたていた。

やはりそうだったが、何故に煙鴉は班目を銃で撃ったのか、それだけ今回は解決する事案の相手が生ぬるい相手ではないということなのか、

班目はショックを受けていたが、自分の手で煙鴉を捕まえる決意をした。それが狙いだったのかも知れない。

また、煙鴉が鯨岡係長の車に現れたのは何かの意味があると思われる。

そして係長は煙鴉と知り合いでもあった。これは大物が関わる事案のようで最終回が楽しみである。

ドラ刑:50代男性 評価★★★★☆

牙を向けるより13係を本気にさせてる感じがしました。

班目が信じるように皇子山の妹の事件の真犯人を煙鴉も捕らえようとしているんだと思いました

。班目に対して嘘を言っているような言葉が寂しかったです。真実のため、班目のために言っているように思いました。

命懸け」の言葉を班目と鯨岡が続けて言っていたのが気になり、鯨岡がまた違う目的で煙鴉を捕まえようとしているのかなと思いました。

皇子山を励ます勝手田と瑤子の2人らしい真逆の言葉が最高でした。

瑤子の女の子な言い方好きで、左門など全員ではないのもまたおかしいところでした。

手帳を通して「虹」と見せてわかってしまう七波が相当だなと思ってしまいました。

サラリーマンの行進が異様でした。遠藤さんの風貌をした煙鴉がおもしろおかしくかったです

阿川のオフィスでのシーンはドキドキ感が凄くあって見甲斐がありました。アナログだけど美希の機転が功を奏したと思います。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★★

第9話は、煙鴉の真意が分からずに、はらはらさせられました。信じきっている斑目を突き放そうと銃で撃ったりします。

精一杯の声で煙さんと呼ぶ斑目からは、悲しみが伝わってきました。

そして、鯨岡と煙鴉が知り合いという意外な事実が判明しました。鯨岡は煙鴉を北岡さんと呼び、親しい関係であることが分かりました。

鯨岡は煙鴉が殺されるのをどうにかして避けたいと思っているようでした。逮捕を決めたのは、警視総監から命じられたからだけではなかったようです。

皇子山の妹の自殺は、警察内で揉み消された可能性がありました。一課の調べで真里の爪の皮膚片が煙鴉のものだと断定されますが、これも誰かが操作したのではないかと思いました。

皇子山は煙鴉への怒りが頂点に達しているようで、何か仕出かすのではと心配です。

まめこ:40代女性★★★★☆

いつもの橋の上でケムさんは自分が煙鴉だと明かして、『俺を捕まえてみろ!』と斑目君を挑発しました。

さてどう言う事でしょう?本当はどっちなの?協力してくれているのか、協力させられているのか?どうしても良いほうに解釈してしまいます。

斑目君も拳銃で打たれたにも関わらず、何か訳があるのだと思う気持ちは理解できました。

ケムさんの本当の目的は、ケムさんがくれたヒントの『虹』に隠された秘密にあり、細面さんがそれを読み解き、解決にいっっぽ近づいた様で本当によかったです。

tani3mimi:60代女性 評価★★★★★

煙鴉が斑目を撃った時にはヒヤッとしましたが、それでも煙鴉を疑いきれない斑目がらしいなと思いました。

いつものバーの店員の一言から斑目は煙鴉を捕まえるために動き始めましたね。

煙鴉は斑目に課題を与えながら何を解決してもらいたいのかとても気になります。

皇子山の妹の時間に煙鴉が関わっているのはDNAからも確かなことかもしれませんが、

煙鴉は殺害したのではなく助けるためだったんじゃないかなと思ってしまいます。

鯨岡と煙鴉が知り合いって展開には驚きました。

リリコ:30代女性 評価★★★★☆

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話のSNSでのみんなの反応は?

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月15日21:59まで)なら、無料で『ドロ刑』第9話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『ドロ刑』第9話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第9話の内容ネタバレと感想になります。

第10話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください

『ドロ刑』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2019 All Rights Reserved.