2018年秋ドラマ

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話のネタバレと感想!病院に潜入捜査!窃盗犯&医療ミス隠ぺいを解決!

投稿日:

ドロ刑2018年11月24日(土)に日テレで放送された『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『ドロ刑』第7話のみんなの感想を知りたい!」
「『ドロ刑』第7話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『ドロ刑』第7話では窃盗犯を捕まえるための潜入捜査で、医療ミスの隠蔽も明らかにして班目のお手柄だったね!姿を現さない煙鴉の動きも気になるよね・・・。
スポンサーリンク

 

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話のあらすじネタバレ

煙鴉が突然いなくなり居所が気になります。

王子山は煙鴉の部屋を家宅捜索をすると自殺マニュアル、余命宣告の本があり病気を抱えているよう。

関東医科大学付属病院の窃盗事件が多発していることで潜入捜査することになり、13係はこの病院の極秘潜入捜査を任命される。

このことを知っているのは医院長と看護部長の2人だけだった。

13係のメンバ-は看護師、研修医、清掃員、などに扮して窃盗犯を捕まえようとするが不自然の行為で目立ちすぎ、病院スタップに怪しまれ二人は入院、オカリナで演奏会をする。

班目は患者から安斉医師の手術ミスの隠蔽を隠していることを掴み、瑤子に相談するがしっかり仕事をするように注意される。

王子山は病院の医師に知り合いがいてセキュリティが万全、この間煙鴉の所にあった薬が劇薬で催眠薬だったことを知る。

班目は偶然病室にいたところ窃盗が現れ現行犯逮捕する。

犯人は前科8犯カメレオンの卓、病院専門窃盗犯の犯行を繰り返していた。

カメレオン卓が盗んだパソコンから手術ミスの隠蔽の記事が書かれていた。

看護部長はこの事実を瑤子と班目に告げ、安斎先生は改ざん前にデ-タ-を保管しているので公表して欲しいと相談される。

安斎先生はオペのデ-タが入ったパソコンが盗まれたというが、オペ室では泥棒のせいにすることで身を守る話をしている。

班目たちは作戦を練るがセキュリティール-ムに改ざんデ-タ-があるが入室は難しく、オペ室で安斎の自白を取り録音することを思いつく。

班目はオペ室でスタッフになりすますが刑事だと見破られてしまい追いだされる。

看護部長も怪しまれ、セキュリティーセンタ-からパソコンが盗まれたと言うと、安斎はパソコンの中には改ざんデ-タがなく、ピッチにUSBが付いていることを漏らす。

班目は患者に扮し手術台にあがりオペ室に入り込み、安斎が会話している録音デ-タ-で証拠を掴むことが出来た。USBも抑えることが出来て事件も明るみに出た。

煙鴉は自殺に見せかけフェイクだったことが分り、密かに数週間も狭い密室でブドウ糖を打って病院女医のデ-タを盗んでいた。

『ドロ刑』第7話を見た視聴者からのネタバレ・感想

潜入捜査なのに入院になったり演奏会だったり騎馬戦と皇子山の行動報告と瑤子のツッコみが凄く笑えました。

Wオカリナも最高でした。

怪しまれ逃げた病室に入ってきた窃盗犯にビクビクしていた班目が一気に刑事の目に変わった姿が良かったです。

看護師2人?のおかげでしたね。

班目、瑤子の顔がバレてるのに堂々と安斎の前で再捜査するのが正直無理もあったように思いますがキャラクターがバラバラな3人が意外に団結力があったと思いました。

安斎以前に横にいた医師にもバレたりして散々…と思いましたが、それも想定内の出来事だったんですね。

オペ室に運ばれて来た患者の存在が静か過ぎて、記事を見ていたシーンのあった煙鴉なのかと思っていました。

最後に煙鴉の情報だけが入ってくる感じでしたが班目が諦めた入り待ちの執念さにさすが大泥棒、と感じました。

班目からの口紅プレゼントをバックに入れる時の瑤子の軽い微笑みが女の子っぽくて可愛かったです。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★★

病院の窃盗の話で潜入捜査をするもうまく馴染めず大丈夫かなーって思っていたが案外すぐに犯人は捕まりあっさり供述も認めた。

でもそれでは終わらず病院の隠蔽話しになるも潜入捜査はまたも失敗するが、次の作戦が成功し院長の隠蔽をはらすことが出来て良かった。

捜査三課は仕事ができない、仲が悪いようにみえてチームワークがいつも良いから予想していた話の流れとは違う展開でドラマが進んでいくので面白い。

窃盗の話しなのに最初に手術シーンからはじまったのはこうゆうことかと全てを見てわかる感じもいいかも。

みさみさ:20代女性 評価★★★★☆

病院での連続窃盗の潜入捜査であったが、13係の見せ所と思いきや、何をすればよいのかわからずオカリナを吹く石橋、

挙動不審な人物と思われとっさに献血でも検査入院させられる左門、

パワーだけが期待されていた勝手田も救急で運ばれた人の血を見て倒れる。

想定通りに頼りないところを見せてくれました。

班目も院内のナースに怪しいと目をつけられて追いかけられる。

しかし、それで現行犯で犯人を捕まえて手柄をあげる。今日の班目は既に成長した刑事の姿を見せてくれていた。

この後に病院内に医療ミスが隠蔽されていると看護部長から、そして窃盗犯が盗んだPCにも内部告発の文書が見つかる。

管轄外ではあるが、目の前の不正は許せないと再度潜入する。

そして、班目の活躍で隠蔽情報を入手する。

今回は煙鴉が何も手助けしなかったが、事件を解決できるようになっていた。

煙鴉は自分の役目はこれで終わりと思っているのではないだろうか。

どらけい:50代男性 評価★★★★☆

病院専門の窃盗犯を逮捕する為、変装の達人である宝塚た共に斑目と小平は、看護師と研修医に変装し潜入捜査を始める。

この捜査を知ってるのは、外科部長と看護部長のみだった。

窃盗犯を負ってるはずが時間は別の大きな事件に繋がっていった。

今回も斑目の天然っぷりが出ました。

でもやっぱり優しい斑目が現れてて患者さんをおぶって移動するナース役がピッタリでした。

窃盗犯を無事に逮捕してポイントを稼げて良かった!

院内で起きてる手術ミス隠蔽も起点の効いた斑目のオペ室潜入で裏を取ることが出来てこちらも無事解決する。

窃盗犯を負ってるはずが

ユカリン:50代女性 評価★★★★☆

江口のりこさんのことをこけしとのハーフと言うシーン、笑っちゃいました。

赤いミニスカートで歩く江口さん、すごくキレイでスタイル良いんですけど確かにこけしに似てます(笑) 

病院に潜入操作したもののみなさんが難航してる様子が面白かったです。

そして、医療ミスを隠蔽する医者、許せませんね。

悪い役が得意な神保さんですけど、今回もまた憎たらしかったですね。

こんな病院があったらと思うと怖いです。中島健人さんの見事な機転で解決!さすが抜かりないですね。

みわ:30代女性 評価★★★☆☆

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話のSNSでのみんなの反応は?

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はHuluで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月1日21:59まで)なら、無料で『ドロ刑』第7話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『ドロ刑』第7話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『ドロ刑-警視庁捜査三課-』第7話の内容ネタバレと感想になります。

第8話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください

『ドロ刑』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.