2018年秋ドラマ

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第3話のネタバレと感想!尚と真司の格差恋愛にまさかのトラブルが…!

更新日:

大恋愛〜僕を忘れる君と

Copyright© 1995-2018, Tokyo Broadcasting System Television, Inc. All Rights Reserved.

2018年10月26日(金)にTBSで放送された『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『大恋愛』第3話のみんなの感想を知りたい!」
「『大恋愛』第3話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『大恋愛』第3話では真司が尚の病気を受け入れて一緒に暮らし始めます。病気が進行していく様子に二人の辛さを感じます・・・。
スポンサーリンク

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のあらすじ内容

狭いシングルベッドで目覚め、隣に真司(ムロツヨシ)がいることを確認し頬笑む尚(戸田恵梨香)。

真司のボロアパートの部屋、先に起きた。

尚は朝食を作ろうとするがろくなキッチン用具がないことに気付く。

「これから一緒に暮らすし、15万くらいのところに引っ越そう」と迫る。

台所やトイレやお風呂が狭くて汚くて嫌だと言う。

「真司と幸せを一緒に感じられるうちにいいところに住みたい」という尚に圧されるままの真司。

真司は尚と共に尚の家に行く。尚の母・薫(草刈民代)に会うためだ。

「尚さんと暮らすつもりです」と言う真司に、薫はというと

「二人でここに引っ越してきなさいよお金はわたしが出すから」と歓迎の態度だった。

尚と薫は「ここじゃだめなら近くは?」「それなら駅の向こうのはどう?」と真司を置いてきぼりに盛り上がる。

その会話のなかに出てきた主治医の名前に真司は聞き返すが、「元婚約者ではあるけれど、アルツハイマーの最先端研究者、割りきってくださいね」と薫は言った。

尚の通う病院に行く真司。名前のボードを確認すると井原侑市の名がある。

丁度廊下で「井原先生」と呼ばれる侑市(松岡昌宏)に会う。振り向く侑市はふと真司と目が合った。

薫に仕事を辞めようと思うと尚は告げる。「私だったらMCIの医者に見てほしくない」と理由からだった。

薫は助手や受付を薦めるが、まだ病気を公表したくない尚は悩む。

一方真司は自分のわずかな貯金に悩んでいたが、職場で丁度後輩が休む事になり、喜んで引き受ける。

どんどん仕事を回してほしいと言う真司に上司の木村(富澤たけし)は「血尿がでるまで働け」と協力した。

そして帰宅した真司は掃除を始める。尚の為にトイレやお風呂をピカピカに磨いたのだ。

特上寿司のお土産を携えた尚が帰宅し台所に立つとピカピカに磨いて有ることに喜び「でも、せまーい」と笑った。

狭いシングルベッドで二人で眠る。

尚は眠そうな真司に「何か質問して?」とねだる。そこで真司は尚に3つの質問をした。

「好きな小説は?」「お母さんの旧姓は?」「俺が捨てられた神社は?」

尚はその三つが言えなくなったら別れようと言う。真司は別れないよと返した。

「私の頭のなかに鍵かけて記憶の砂がこぼれ落ちないようにして」

そう言うと、真司はおでことおでこを当てて「もう大丈夫だ」と抱き締めた。

「真司がかっこいい人みたい」と尚は嬉しそうに笑った。

尚はクリニックで薫の助手をする事になったが、今帰った患者の名前も忘れ受付の柚香(黒川智花)に記憶障害の事を隠しきれなくなる。

それを聞き柚香は「尚のためならなんでもする、子供かかえた私を雇ってくれた恩がある」と返した。

真司が朝早く家を出ようとしていると、尚が目を覚ます。

ファミレスで小説書いてくるからと言う真司に尚は今夜マンションの内覧だからと伝えた。

しかし真司が向かったのは職場で、実は貯金を増やすために引っ越し屋のシフトを増やしたせいであった。

あたりはすっかり暗くなり内覧予定だったマンションの前で真司と不動産屋が待っている。

来ない尚に真司が電話をすれば、尚はスーパーに居た。

約束を忘れたことを伝えるでもなく真司は「じゃあ俺もそろそろ帰るから。」と電話を切った。

違和感を感じた尚はスケジュールを確認するとマンションの内覧を忘れたこと思い出す。

「好きな小説」「母の旧姓」「真司が捨てられていた神社」の三つを繰り返す尚。

ボロアパートに帰ってきた真司は、ドアに尚の鍵がささったままな事に気づくが、ポケットに仕舞い何事もなく明るくドアを開ける。

内覧を忘れていたことに落ち込む尚に真司は精一杯おどけて尚を笑わせるのであった。

病院で意を決して侑市と面会する真司。

尚の病状を聞きたいと言う真司に侑市は「家族以外に教えられない」と頑なに拒否した。

ある休みの日に真司と尚はイベントへ出かける。

ビールを大きなジョッキで飲みながら食べたり踊ったりと幸せそうな二人。

音楽に合わせて踊る尚の頬に涙が伝うが真司は気がつかない振りをした。

その頃お見合いする侑市。一日に三人まとめてお見合いするがどんな女性にあっても尚に重ねてしまうようだ。

尚は病院でアルツハイマーのおばあさんに会う。

自分は誘拐されてここに来た殺されるとパニックを起こす彼女に尚はショックを受けた。

動揺で記憶力のテストもままならない尚は侑市に「さっきあった人みたいになるんですよね私。」と尋ねる。

心が壊れそうと嘆く尚は、なだめる侑市に「先生にはわからない」と当たる。

しかし侑市は「僕もこの病気と長年向かい合ってますから」と微笑んだ。

侑市の研究した薬の治験があるから、選択肢に含めて考えようと励まし、「あなたらしくポジティブにいてください、出会った頃みたいに。」と付け加えた。

クリニックに戻った尚は薫に、データをまとめて論文にしてみようと思うと前向きに応えた。

朝から夜遅くまで仕事に追われる真司は突然腹痛に襲われる。病院に運ばれ激痛に耐えながら検査されると疲労や水分不足から来る尿管結石と診察される。

真司の後輩からの電話で知った尚はあわてて病院に駆け込んだ。

真司の後輩は「いつもの三倍もシフトいれて頑張ってましたよ。」と伝えると、真司が小説を書くと出ていった事が嘘だったと知る。

「私、ひどいよね」と言う尚に真司は「ひどいけど、好きなんだ」と答えた。

尚は真司を抱き締めた。そして真司に向かい「侑市さん」と名を呼んだ。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話を視聴した方に感想を聞いてみました!

尚の母も真司との交際を応援してくれるようになり、良い環境が尚の病気の進行を防げると思いまいた。

尚のためにアルバイトを増やしたことは、男の意地も見られて男らしく素敵です。

どんな時も明るく尚の側で支えている真司の優しさが十分感じられます。

尚の病気は若年性アルツハイマの一歩手前ですが、ドアにカギをさしっぱなし、約束を忘れる、患者の名前を忘れると 徐々に病気の進行が出てきているの心配です。

真司の名前も間違えたときには、悲しい気持ちになりました。

高野みかん:50代女性 評価★★★★★

尚の貯金5000万を聞き奮起に変えて頑張る真司が好印象でした。

尚にとって一番を考える母の薫が真司も受け入れ引越しまで提案するところがあっけらかんとしていて大人かわいい感じでした。

たまに出てくる尚の症状に何もなかったように合わせる真司の姿に優しさがあり、でも最後尚から「侑市」と自然と出てきた瞬間は真司と同じくらいに息が止まる感覚でした。

落ち込む尚への変顔も元気にしてくれますね。その尚の笑顔がまた素敵です。

先生と患者の関係とは言え井原が尚を「あなた」と呼ぶのは切なさを感じてしまいます。井原のお見合い相手が個性的で、それに真面目に対応する井原が紳士的だけど面白かったです。

「結婚相手」としてだけではない尚への気持ちが見え始めていた感じでした。それとは真逆の真司と尚のデートは弾けていて楽しそうでした。

病気に対して弱音を吐く尚に井原が話した最先端の治療は本当に実現したら未来あるなと感じてしまいました。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★☆

アルツハイマーの症状確認のための3問を忘れたら別れてほしいと言われた時、何があっても別れないよ。と答えた声の優しさに思わずキュンとしました。

尚のためにアルバイトを3倍に増やし元婚約者へ会いに行ったりと終始かっこいい真司の姿が描かれている回でした。

一緒にいる時の尚の幸せそうな顔を見るとこのまま死んでしまいたいと弱音を吐く理由も分かるなと感じました。

病院に尚が着いたときに流れたBGMの歌詞がドラマに合っていて自然に涙が溢れました。

まさかの名前を間違えてしまうラストでこのまま幸せな二人で終わらないのが衝撃的でした。

尚への未練があるが親の存在が大きく動けない井原先生も切なかったです。

mananan:30代女性 評価★★★★★

尚の病気を受け入れた真司が広い心で尚を包み込む姿に感動しました。

尚との生活の為、収入に不安を感じ小説を書くどころかアルバイトの毎日を送っていました。

尚の病気も進行しているそんな中でも二人が幸せだと感じる日々があり見ていてほのぼのしてこちらまでほっこりしました。

尚の婚約者井原も、尚の病気に向き合いながら別の婚約者を探していくのですが尚の事が忘れられず尚に対して気持ちがどんどよ強くなっていきます。

真司と井原が会った時に気持ちが高ぶった場面を見てハラハラしました。

なな:30代女性 評価★★★★★

若年性アルツハイマーの前段階にあることを真司に告白した尚は、今を大事に一緒に過ごしたいと思い、二人で暮らすことになる。

真司のことを最初は、反対していた母も二人を応援する形になる。

そんな中、真司は、二人で暮らすためのお金を稼ごうと働きすぎて倒れてしまう。

二人の気持ちが通い合って幸せな中で、尚の物忘れという病気の症状が出るシーンは、切なくなりました。

特に尚が、余命3ヶ月と言われた方が良かったというシーンは、胸が痛くなりました。

とも:40代男性 評価★★★★☆

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話のSNSでのみんなの反応は?

『大恋愛』第3話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『大恋愛』第3話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から3週間以内(11月2日21:59まで)なら、無料で『大恋愛』第3話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『大恋愛』第3話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『大恋愛~僕を忘れる君と』第3話の内容ネタバレと感想になります。

『大恋愛』3話やばいですねー!尚が真司に嘘をついて別れようとしたり…。泣けます。。

第4話も楽しみですね!

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.