2018年秋ドラマ

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第9話のネタバレと感想!尚が妊娠そして出産!しかし時は残酷に過ぎていく・・・

投稿日:

2018年12月7日(金)にTBSで放送された『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『大恋愛』第9話のみんなの感想を知りたい!」
「『大恋愛』第9話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『大恋愛』第9話では、真司と尚に待望の赤ちゃんが誕生!でも時間の経過とともに病気がどんどん進行していく様子は見ていてつらかったよね。最後には、尚が家を出て行ってしまって・・・。最終回にはみんなが笑顔になれるといいね。
スポンサーリンク

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話のあらすじ内容

産婦人科に居る尚(戸田恵梨香)。子供ができたようだ。

予定日8月2日、と大きく手帳に書いた。

帰るとヒールの靴が玄関にある。編集者の水野(木南晴夏)の物だ。

書斎では真司(ムロツヨシ)と水野が打ち合わせをしていた。

真司と尚が並んで夕飯を食べるが、それも水野からの差し入れだ。

小説の手伝いは水野さんにかなわない、と少し尚はすねる。

それでも私にしか出来ないことがある、と言い「できました。」と続けた。

子供が出来た事だと気付いた真司はイェーイ!と全身で喜びを表現した。

尚ちゃんは妊娠中と書いた紙を家中に貼る二人。

侑市(松岡昌宏)と薫(草刈民代)がバーで飲んでいる。

「分からないものですね、人生って。」

二人で飲むのは何度目かになっているようで、侑市はそのまま自分の部屋へ誘った。

部屋に入るやいなや、リビングとベッドルームのどちらに行くかと問う侑市。

戸惑う薫を見て、リビングへ案内した。

翌朝、侑市の部屋に母千賀子(夏樹陽子)がやってきた。

そこでベッドルームから手を繋いで現れた侑市と薫に鉢合わせしてしまう。

恥知らずだ、親子揃って美味しいところ取りをしてと罵る千賀子に「恥知らずですが、本気です」と薫は言った。

千賀子は「どうか身を退いてください。侑ちゃん、あなたも目を覚ましなさい」と言い聞かせようとするが、

「目が覚めたからこうなったんだ。僕は薫先生が好きだ。」と侑市は母の前で宣言する。

「僕と結婚してください。」

家に帰った千賀子は泣きながら寝込んでいた。

侑市の父誠一郎は「我々の息子にしては面白い選択をした」と軽いものだったが、千賀子は怒りを夫にぶつけるのだった。

侑市と薫がウェディングドレスで写真をとるのを尚と真司が見ている。

式はしないらしいが、二人は無事結ばれたようだ。

それから時が流れ新聞に「もう一度第一章から」が載りはじめる。

そして、八月のある日陣痛が来た尚が病院へ行く。

無事生まれたのは男の子だった。いちばん恵まれるように恵一とつけた。

子育てをする二人。

かけがえのない時間がすぎてゆく。

真司の連載も大人気で、「もう一度も第一章から」をさらに連載を半年伸ばしてほしいと新聞社に言われていると水野は嬉しそうだが、それを拒む真司。

出産までを書いた後は子育てに専念したいと言う。

しかしそれでは読者は納得しませんと水野は声をあらげる。

それを廊下で聞いてショックをうける尚。

リビングにやってきた水野に尚は「私の病気が進行しないと真司の小説は中途半端になってしまうんでしょうか?」と問う。

慰めようとする水野に尚は「わたしは、生きているだけであの人に負担をかけているんですから!」

と言うと、水野は「ちがいます。生きているだけで先生の創作の源なんです。」と言った。

尚は眠る恵一を撫でながら涙した。

ある日、週刊誌の記者が間宮家の前を張っていた。

奥さまは書かれることは嫌ではないのですか?とインタビューされ

「私は間宮真司の創作の源だと思っています。書かれるのは私の宿命です。」と言う。

かっこよかったのよ、とその場に居た薫がその話を真司にする。

感心した様子の真司に尚はそれを言ったのは実は水野だと言う。

「あの人は真司のことを本当に大切に思っていると思う。」水野に恵一と真司のことを託したいという。

そしてそれを遺言と思ってほしいという尚に「遺言なんていらないよ!!」と怒りを含めて真司は声を荒げた。

「尚ちゃんじゃなきゃ絶対嫌なんだ」何度も繰り返して抱き締めた。

時は流れて三年後。書店には本が平積みされている。

水野が編集部からの電話で社長賞がもらえると聞き喜んだ。

「あんな尻切れトンボな小説が売れるとはおもいませんでした」そして真司は家を買った。

尚が自分の家がわかるうちに引っ越したかったらしい。

ぼんやりとソファに座る尚は、ゆっくり立ちあがり庭を探している。

木村(富沢たけし)が優しく誘導してあげた。

庭では大きくなった恵一が水野とボール遊びをしている。

そこにいっしょにしゃがむが、うまくボールを投げられない尚。

それを木村と真司がベランダから見下ろしていた。

「大分うつろになってるな」と木村が呟いた。

これから人間力が問われるとおどける真司に「いいんじゃねーのそんな気張らなくても」と励ました。

さらに時が流れる。恵一は三歳になった。

尚と真司と恵一で近所の公園に出掛ける。

お母さんと出掛けるのはこの公園と保育園までだよ。と言い聞かせる真司。

「恵一がお母さんを守ってあげるんだよ」「わかったあ!」夕方に、また恵一が公園に行きたがった。

いそがしい真司を置いて尚と恵一二人で出掛けるのは心細いが、真司はふたりで赤い毛糸を持つことを決めた。

公園は穏やかな温かさで、目の前を蝶が通りすぎる。

恵一は毛糸を放し、蝶を追いかけていってしまう。

そのうち尚が一人で帰ってきた。

出迎えようとする真司は、毛糸が床に垂れ下がっているのをみて、あわてて表へ飛び出していった。

皆で恵一を探すが見つからない。警察もよぶことになり、大捜索がはじまる。

「恵くんは?」と尚が恵一を探す。

自分が関わっている事を忘れてしまった尚は自分も探すと出掛けようとするが、真司はそれを阻止する。

暴れる尚に真司は「いい加減にしろ!」と思わず荒い声で止めてしまった。呆然とした尚はソファに崩れるように座った。

翌朝、小川(杉野遥亮)が植え込みで眠る恵一を偶然にも発見した。

「お母さん、勝手にいなくなってごめんなさい」「どうして?」と尚は不思議そうな顔をしつつ恵一を抱き締めた。

ベッドに並んで寝る恵一と真司を尚は愛おしそうに撫でる。

そして真司の頬にキスをしてから立ち上がった。

机の上のメモには「しんじさまありがとうございました」と歪な字で書かれていた。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話を視聴した方に感想を聞いてみました!

二人の子供が無事に生まれて安心した。

侑市と薫の結婚はそれほど違和感もなく、これで良かったと思えた。

尚が自分が負担になっていることが辛く水本に当たってしまうが。

水元の言葉力が尚の心に残り、真司の小説を書く創作のみなもと、小説家としての宿命としっかり受け止めれることが出来たことが良かった。ア

ルツハイマー病もかなり進み、言葉も、顔の表情も乏しくなった尚をどこまで真司を愛することができるのか最後までしっかり感じることができた。

美智子:50代女性 評価★★☆☆☆

侑市は以前尚のことが好きだったが、いつの間にか薫のことを好きになり、家に来ませんか?と誘ったことに驚いた。

特に侑市は自分の母親が目の前にいるにも関わらず、薫に「結婚してください」とお願いしたことである。

侑市らしさ、男らしさが出て来てかっこいいプロポーズをしているのだと感じた。

1番恵まれるのだという気持ちを込めて「恵一」と名付けるのは良い場面だと思えた。

尚が病気を抱えても、それは関係なく、恵一は恵まれていくのだという事が伝わってきた。

つばさ:20代女性 評価★★★★★

子どもを授かった時の尚と真司が本当に嬉しそうでしたね。恵一くん乗せて名前の由来も素敵だなと思いました。

それでも尚の病気の進行は止めることができないのが苦しいなと思います。靴下の履き方も分からなくなっている姿を見るのは辛かったです。

恵一くんが行方不明になって戻ってきたときに尚は自分の責任だと感じてしまったから置き手紙を残して家を出ていってしまった気がします。

手紙の字からも字が書けなくなってきてることがわかり辛いなと思いました。

蘭子:30代女性 評価★★★★☆

尚のアルツハイマー病がどんどん進行して、見ていて悲しくなりました。

部屋の中のメモがどんどん増えて、尚の表情も服装も変わっていきました。

そんな中でも真司の優しさと、恵一の可愛らしさにホッとすることができて、よかったです。

尚も思い通りにらならない自分を感じながら、二人に労られて生活していて、このまま最終回かと思ったのですが違いました。

家出することは前から決めていたのだと思います。「いつも走っていた」彼女がおぼつかない足取りで歩いていくところがまた切なかったです…

ゆきたん:30代女性 評価★★★★☆

尚が自分を書かれる事を週刊誌の記者に聞かれ、私は間宮真司の制作の源です。書かれる事は宿命だと思っています、と言った。

母は尚ちゃん立派だったと言ったが、尚は私の言葉ではない、あの人の言葉と言った。

自分が何でも忘れちゃったら真司と恵くんをあの人に頼みたいと言った。これは遺言ですと言った。

尚は自分がわかるうちに真司に伝えたい事があるのだろう。真司と恵くんが心配だから水野さんに託したかったのだろう。

でも、真司は尚ちゃんじゃなくちゃダメなんだと言った。遺言を言われた真司もまた辛いだろう。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★★

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話のSNSでのみんなの反応は?

『大恋愛』第9話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『大恋愛』第9話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月14日21:59まで)なら、無料で『大恋愛』第9話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『大恋愛』第9話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『大恋愛~僕を忘れる君と』第9話の内容ネタバレと感想になります。

第10話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『大恋愛』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.