2018年秋ドラマ

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第8話のネタバレと感想!松尾の魔の手から尚を救えるのか?!

投稿日:

2018年11月30日(金)にTBSで放送された『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『大恋愛』第8話のみんなの感想を知りたい!」
「『大恋愛』第8話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『大恋愛』第8話では、松尾の行動がエスカレート・・・。尚と真司は気持ちがすれ違うけど、ラストにはラブラブに戻れて嬉しかったよね~!
スポンサーリンク

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のあらすじ内容

部屋中に付箋が張り巡らされている。アルツハイマー対策だ。

そんな中で尚(戸田恵梨香)と真司(ムロツヨシ)はうなぎをならんで食べる。

精のつく食べ物を食べ排卵日を狙って子作りをするらしい。

茶化す真司に尚は「神聖なミッションなのよ」と産婦人科の医者らしく言った。

翌朝、真司は寝坊した。尚は前日仕掛けた目覚ましも真司のスケジュールも覚えていないらしいが、真司は特に何も言わず大慌てで出かける。

玄関で「梅干しおにぎり、たべて」と尚は渡し行ってらっしゃいのキスをした。

タクシーの中で食べたおにぎりに梅干しが入っていなかった事に真司は笑った。

松尾(小池徹平)が佑市(松岡昌宏)の診察を受けている。

診察が終わり帰ろうとする松尾を佑市は呼び止め、スピーカーにマイクを近付けハウリングを起こさせた松尾の動画を見せる。

松尾は、覚えていないと言うが佑市は「とぼけないでください」と強く返す。

他の患者に危害を加えるような人を診られないと言う佑市に松尾は「医者に患者を選ぶ権利はないんです。」とニヤリと笑った。

お昼にクリニックにやってきた尚。柚香(黒川智花)と母薫(草刈民代)に子供を作ると伝えたが、予想に反して薫はあっさり受け入れた。

何かあったんだろうかと尚と柚香は首をかしげた。もしかして好きな人ができたから?と二人ははしゃいだ。

そのころ、クリニックの前に松尾は居た。尚が出てきたのを見ると、そのまま尾行する。

そしてスーパーで買い物をする尚に偶然を装い話しかけた。僕らの病気には鯖やほうれん草がいいらしいと松尾が薦めた。

一緒にレジにならぶと、尚の財布が見つからない。しかし松尾がかわりに出してあげてフォローする。申し訳なく思う尚に、代わりにと松尾はお茶に誘った。

クリニックに祐市が現れる。それを見て薫は狼狽えた。先日の事を謝りつつ、用件を聞くと、祐市は松尾の動画を見せた。警戒してほしいと伝えるためだった。

丁度その頃、尚と松尾はお茶をしていた。身の上話をする松尾の言葉に、尚は真剣に耳を傾ける。

病気のせいで妻に逃げられ仕事も辞めなければならないと語り、「一瞬の喜びだけを大切にして生きているんです」と笑う松尾に、尚は頷いた。

尚は帰宅し、玄関をあけると見慣れないハイヒールがあった。

部屋から現れたのは、真司の忘れたスマホを取りに来た編集者の水野(木南晴夏)だった。

驚かせた事を詫びつつ「何か困ったことはありませんか?」と笑顔をむける水野に尚は困惑の表情を浮かべた。

水野からスマホを渡された真司は、佑市からの着信を見つけ、すぐに折り返す。内容は松尾に気を付けろとの事だった。

心配になった真司はすぐに尚の無事を確認する為に電話を掛ける。ものものしい雰囲気に戸惑いつつ、尚は返事をした。

真司への電話を終えた佑市がバーに戻ると薫が居た。ふたり並んでカウンターでお酒を飲む。そのままふたりで居酒屋へ向かった。

佑市は、アルツハイマーの研究が本当に人の役に立っているのか悩むことがあると薫に打ち明けた。

薫は「先生が思っているより私は先生を頼りにしています。」と言った。

夜遅く帰宅した真司の音に、尚は目を覚ます。起こしたことを謝りつつも今日どうしていたのか聞く。

クリニックに行ってスーパーに行って…と思い出していると水野が部屋にいて驚いた話をする。

自分に言えば届けたのに。あの人の方が確実だもんね。と不満げな尚。

謝りつつも真司は続編のタイトルを思い付いたと言う。

「『もう一度第一章から』はどう?」「すごくいいと思う!」尚は笑顔を向けた。

書斎で水野と真司が話している。仕事の話をしている流れで続編のタイトルを伝える。

お茶を出そうと扉の前に居た尚は立ち聞きするが、真司が教えてくれたタイトルの事をすっかり忘れてしまっていた尚はショックを受ける。

尚は松尾と二人でカフェに居た。いつのまにか、みんなの間宮真司になってしまってちょっと寂しいと言う尚に

「尚の気持ちはわかるよ」と松尾が言った。

幼稚園でもらったという蝶の標本を取りだし、「死ねば永遠にきれいなままでいられる。」と言う。

何か感じた尚は、「私行かないと」と席を立とうとすると、松尾がそこまで送ると、笑っていない目をした笑顔で言った。

松尾に車で送り届けられた先で、丁度引越し作業をする木村(富澤たけし)が居た。そして木村は真司を職場に呼び出しそれを伝えた。

帰宅した真司は、何故松尾と会っていたことを黙っていたのか尚を責めた。

今まで松尾がどんなことをしていたか洗いざらい伝え、「今度から出かける時は俺もついていくよ」と言う。

尚はそんな真司に自分がそんなに足手まといかと怒りを露にする。

何もできないし、続編のタイトルだって一番に教えてくれるって言ったのに!と言う尚に真司は「言ったって!!」と思わず声を荒げた。

その言葉にショックを受け、やっぱり水野とは対等なのに私とは対等じゃないと言い、尚は部屋を飛び出してしまう。

マンションの前では車を止めた松尾が居た。病院で貰った睡眠薬を確認している。

そこに飛び出してきた尚を見つけ後をつけた。

スマホを鳴らす真司。冷蔵庫から着信音がする。開けると尚のスマホが冷蔵庫から出てきた。真司はそれをつかんで駆け出した。

神社で泣く尚。後ろから松尾が声をかけた。コーヒーをすすめ、尚は口に運んだ。

尚のスマホに松尾の名前が表示され、真司は神社に呼び出された。松尾の車では尚が眠っている。

神社で待つ松尾を見るやいなや、真司は胸ぐらを掴んだ。「尚は別の世界に行ったよ」

そんなに小説のネタにしたいなら僕たちの純愛をあんたが書けよ。と松尾が狂ったような笑顔で言う。

松尾を殴ろうとする真司を「止めて!!」と尚の声が止めた。

尚は睡眠薬入りのコーヒーを飲んだ振りをしてただけだった。

驚く松尾だが、今しがた真司が尚が小説のネタだという事を認めたと嗤う。

しかし尚は、「これが私達の夫婦の形なの。だから対等だとか本当はどうでもいいの。」と言う。

それでも、すべて忘れてしまうのにと言う松尾に「そうよ、忘れるわよ!」と尚は認めた。

「私達は忘れちゃえるところが、この病気の救いなの。だから恨まない。恨んだところで忘れちゃうから。」

「だから全部忘れてください」と尚は松尾に言い聞かせるように語った。

松尾は諦めたように笑って「バイバイ」と言った。

真司は尚の肩に上着をかける。涙をながす尚を抱き締めた。

ベッドの上の尚と真司。

「尚ちゃんと居るとすっごく疲れる。でも俺は尚ちゃんじゃなくちゃ嫌なんだ。他の誰かじゃだめなんだ」

「すっごくすっっごく疲れさせてあげる」ふたりで布団にくるまった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話を視聴した方に感想を聞いてみました!

松松尾の行動が異常すぎて怖かったです。

侑市の言うことも聞かないし、どうなることかと思いました。

病気がきっかけで奥さんに出ていかれたことが松尾は一番辛かったのはわかるんですが、それを尚たちにも味あわせたかったんですかね。

最後に松尾の気持ちを動かすことができたのは、同じ病気だからこそわかる尚の言葉でした。

尚と真司が喧嘩した時に大事なことも忘れていくと涙を流す尚の姿は見ていてとても辛かったです。

家の中のメモの数から見ても尚の病気は進行していってるんだろうなと思います。

あんこ:30代女性 評価★★★★★

公平が現れたことで尚と真司の関係に溝ができてしまいます。

このまま二人の関係が終わってしまうかもしれないと思いましたが、二人は深い絆で結ばれていました。

元の関係に戻って良かったです。公平は尚が羨ましくて嫉妬していたのだと思います。

自分は病気のせいで奥さんも仕事も失ったのに、同じ病気でも幸せに暮らしている尚が許せなかったのでしょう。

公平にはもっと生きる希望を持って欲しいと思いました。公平役の小池徹平さんの演技にはすっかり引き込まれました。

闇を抱える公平を見事に演じていて素晴らしかったです。

たかは:30代女性 評価★★★★★

話が進んで行くごとにはらはらしながら見ています。

ルツハイマー型認知症に進行してしまって、真司のことが分からなくなってしまったらどうしようと、尚の役に入り込んでしまいます。

あとは、最近邪魔者だった松尾の存在が本当に嫌で嫌でしょうがなかった。

でも、今回松尾に痛い目を見せてやれて少しスッキリです。

やっぱり真司と尚がくっついてなきゃ見てる方も嫌ですね。

お母さんと先生の2人の行方も少し気になります。

それは次回以降に持ち越しって感じでしたね。来週が楽しみです。

つん:20代女性 評価★★★★★

大恋愛は、今期のドラマで1番面白いと思っている。

話が進むうちに時が経っていき、出会いから始まったこのドラマも今は結婚して子どもを作ろうというところまできた。

他のドラマでムロツヨシの演技を何度も見ていてファンになったのだが、ここのムロツヨシも自然体で好きだ。

8話の大恋愛では主人公の尚につきまとうストーカーのような男からなんとかして守ろうとするムロツヨシが見られた。

ヤキモチから喧嘩したり、病気のことで喧嘩したりする夫婦を見ていると、わたしと夫を見ているような気持ちにもなった。

8話の山場の、ストーカーのような男と対峙する場面では、尚のアルツハイマーという病気に対する前向きな考え方に少し感動を覚えた。

最後の夫婦のイチャイチャするシーンも微笑ましかった。

わたしは夫婦やカップルが仲良くしているドラマが好きなんだな、と今回思った。 来週も楽しみだ。

みかん:30代女性 評価★★★★☆

せ公平が今まで不気味な存在でしたが、やっと本当の姿を見ることができた回だと思います。

尚の機転により、ピンチを乗り越えてさらに絆の深まった間宮夫妻は最高の夫婦だと思います。

がどんどん大切なことを忘れていってしまうのが悲しいですが、それでも明るく、毎日を楽しく過ごそうとしている二人の前向きな姿が救いです。

また、一方で井原先生と尚の母が接近しているのも、同じ医者同士どこか通じるものがあるのかもしれません。

ぜひ井原先生にも幸せになる道を用意していてほしいです。

あいこ:30代女性 評価★★★★★

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話のSNSでのみんなの反応は?

『大恋愛』第8話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『大恋愛』第8話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月7日21:59まで)なら、無料で『大恋愛』第8話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『大恋愛』8話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『大恋愛~僕を忘れる君と』第8話の内容ネタバレと感想になります。

第9話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『大恋愛』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.