2018年秋ドラマ

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第7話のネタバレと感想!尚の病気が進行・・・。二人が出した一つの答えとは?

投稿日:

2018年11月23日(金)にTBSで放送された『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『大恋愛』第7話のみんなの感想を知りたい!」
「『大恋愛』第7話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『大恋愛』第7話では、尚の病気が進行していって、忘れていく尚の気持ちと忘れられていく真司の気持ちに涙が止まらない人も続出だったはず。松尾の動きも気になるよね・・・。
スポンサーリンク

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のあらすじ内容

病室で依然として意識のはっきりしない尚(戸田恵梨香)を母・薫(草刈民代)に任せて、真司(ムロツヨシ)は佑市(松岡昌宏)を廊下に呼び出した。

原因は恐らくマイクのハウリングによって起こった「反射性失神」だろうと言う佑市に真司は珍しく声を荒げて責める。

「あんたアルツハイマー病の権威なんだろ?!」と詰め寄る真司に、薫が現れ「医者も未知なる病気の前には無力なの」とフォローをいれる。

とにかく治験で早く尚を今朝の尚にも戻してくれと、真司は強く願った。

真司は、尚が倒れたことだけでなく、あの外来で見かけた愛想のいい男、松尾が何故キスをしていたのかもわからず、苛立ちをぶつけてしまっていた。

そのまま入院した尚は、朝目覚めるといつも通りの尚だった。

学生の前に立ったまでは覚えているらしいが、それ以降の、松尾をキスしたことや真司が誰かわからなかった事は忘れている様だった。

売店で買ってきた歯ブラシでふたりならんで仲良く歯を磨く。いずれ尚は、自分で歯もみがけなくなるのかと真司は想像して涙をこぼした。

「歯みがき粉が鼻に入って」と嘘をついた真司に、尚は笑った。

病院の廊下で編集者と通話する真司。どうやら映画化の話があがっているようだ。

真司はそれより「脳みそとアップルパイ」の続編を書きたいと伝える。

編集者は喜び、打ち合わせのスケジュールを押さえようとするが、真司の視界に松尾(小池徹平)の姿が入り、あわてて電話を切った。

軽い足取りの松尾はまっすぐ尚の病室に向かうが、検査中で無人のベッドを見てがっかりする。

そこに入ってきた真司に「尚さんは?」と当たり前の様に聞く。真司は胸ぐらを掴み、どういうつもりかと問い詰める。

松尾はちっとも悪怯れる様子もなくむしろ楽しそうだ。尚が欲しいと願う松尾。

「健康な人には僕らのきもちはわからない」と言い切る。

「今度近付いたらブッ殺す。」乱暴な言葉で真司は松尾を威嚇するが、彼に怯むようすはない。

それどころか、必ず尚を自分のものにすると言う。「たとえ真司をぶっ殺してもね。」

松尾にはもう失って怖いものなどないのだった。

診察室で尚は、失神したということは進行したのではないのかと神妙な様子で佑市に問う。

佑市は断言はできず、結果次第だと言う。来週の検診の日を決める際に、真司は松尾と同じ日か聞くが、佑市は規則で答えられないと言った。

尚は、治験の結果がよければ子供を作りたいとそのまま佑市に伝える。子供の事は覚えていた事に、真司は静かに安堵した。

その際、尚は朝ふたりで歯磨きをした事を語る。いつまでこうしていられるか考えた時に泣きそうになったが、横を見たら真司が泣いていたと…。

二人の気持ちは一緒だった。「だからどうしても治りたいんです」それが二人の願いだった。

二人寄り添って病院を後にする。その姿を病院の屋上から眺める影があった。松尾だ。

病院の食堂で一人食事をする松尾。診察の日でもないのに朝早くから姿をみせているようだと、医師達も怪しむ。

それを聞いて佑市が相席を申し込み、何故ここにいるのかと問うと、職場にも居づらいからここに居る。と返ってきた。

自分の奥さんも逃げたことだし、そのうち尚さんの旦那さんも逃げ出すんじゃないかな。

そんな風に語る松尾を佑市は嗜めるが、「任せておけないんですよねー。先生のせいで失神しちゃったんでしょ」と松尾は笑うが、佑市は責任を感じなにも言えなくなるのだった。

尚と真司は食卓をかこむ。その時に真司は「脳みそとアップルパイ」の続編を書くと伝えた。素直によろこぶ尚。物語の自分は医者と結婚してしまったのが納得いっていない様だった。

映画化されることも二人で喜ぶ。次の本売れたら家を買おう、尚ちゃんと俺と子供の住める家をと真司は希望を込めて話した。

尚が父親の命日に実家に帰る日、真司は元職場の引っ越し屋にいた。木村(富沢たけし)たちと飲みにいく。

そこで「神に試されている気がする」とくだをまく真司。「愛は基本つかれるもんだ」と木村が言う。

小説家はそれを吐き出す裏技があるんだから。と笑われた。

尚と薫は夕飯をとりながら亡き父の話をしていた。父の死後好きになった人はいないかと問う尚に、それどころではなかったと薫は言う。

これからできたらいいという尚に薫は冗談じゃないと笑った。

病院で診察の日、待合室で真司は警戒してきょろきょろとしていた。

松尾はいない。そのうちテストに呼ばれ別室に二人は入っていった。

いつもの記憶力のテスとだが、尚の様子がおかしい。うまく言葉が出てこず、計算問題も怪しく、えんぴつの名前さえも出てこない。

悪化していた。

佑市は診断結果から治験の投薬ができなくなったと言う。「アルツハイマー病に進行しています」と断言した。

前段階のMRIでないと治験がうけられないのだ。

何でもっと早く治験をしなかったのかと佑市を責める真司だが、そもそも二人が別れた間に、絶望した尚が「治療しても意味がない」拒んでいたからなのだ。

そうなの?とやさしく聞く真司に「なんのこと?」とぼんやりした顔で尚が答えた。

そして尚は、自分が誰だかわからくなるまでどれだけの時間が残されているか問うが、佑市は人それぞれで分からないと返すしかなかった。

外のベンチで黒酢はちみつを飲む二人。「これ好き」と喜ぶ尚。

前にママにいっぱい注文して怒られたと呟く尚に「覚えてるじゃん!」と喜びMRIだと佑市に電話しようとする真司を尚はそっと止めた。

夜、佑市の携帯が鳴る。ホテルのバーで泣きながら飲む薫を見てられないと父からの電話で佑市は駆けつけた。

カウンターで飲みながら涙する薫。ほんとに愛されて先生にもよくしてもらえてあの子は幸せかもしれない。と泣く。

薫は今まで男の人を頼りにしたことはないと言う。酔いの回った薫をタクシーにおしのんだ後、佑市は、また飲んでくれませんかと聞く。

自分を頼りにしてほしいと言って見った。

手を繋いであるく尚と真司。昔の道を歩く。ボロアパートみて「汚いアパート」と言う尚。

記憶の中から真司のあのボロアパートの存在は消えてしまっていた。

佑市の元に学生から連絡が来る。あの講演の日の映像できになることがあったかららしい。

送られてきた映像には、ハウリングをおこそうとマイクをスピーカーに向ける松尾の姿があった。

学生からそれもアルツハイマーのせいかと問われ、佑市は「そんなわけないだろ!!」と、松尾のあきらかに悪意のある行動を知ることになった。

居酒屋で食事をして二人で帰る途中、尚は子供を作りたいと言い出す。

「治らないってわかったら真司と私の子供がほしくなった。」真司と私の子供は私たちにしか作れないから。

愛し合ったという記録が欲しい。少しでも生まれてきたかいがあったなって思えるかなって。

そう言う尚を真司は嬉しそうに抱き締めるのだった。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話を視聴した方に感想を聞いてみました!

松尾が尚とキスをして間宮夫婦を脅かす気配が感じられ不安です。

尚の病気がアルツハイマー病に進化していたことが分かり新薬の治験の対象にならなく愕然する二人。

尚は真司と愛した記録の証拠、子供が欲しいと前向きな発言でこの病気を乗り切って欲しいです。

尚が失神で倒れた原因が松尾の仕業だと分かり、マイクをハウリングさせたことで尚がどんな状態に陥るのかを知っていたとしたら、それはやはり同じ病気を持ったのしか分からないのか気になる行方です。

道子:50代女性 評価★★★★★

戸田恵梨香さんが演じられているアルツハイマーの役がとても進行が早いような気がして2人にもっと時間をあげて!と思いました。

でも人生はそんなにうまく行かないですよね。

ムロツヨシも戸田恵梨香さんを支えようとしてくれているけどきっとしんどいだろうな?とも思いました。

今回の話は本当にアルツハイマーとはどう言うことなのかたくさん考えさせられました。

自分の近くにアルツハイマーと言う存在がないので本人も苦しいけどやっぱり周りも苦しいのかなと思いました。

GK.:10代女性 評価★★★★★

学生の前でスピーチをしようとした尚が、倒れ、病気が進行してしまい、治験に参加出来なくなってしまったシーンは、本当に可哀想でした。

でも、夫婦の絆が、より強くなっていく感じがしました

同じ病気になった公平が、尚に執着する感じは、ちょっと不気味で、尚のスピーチの時に故意に変な音を出したので、本当は病気ではないのかもと思いました。

戸田さんやムロさんの演技力は、人を惹きつけるところがあるので、次回も観たいと思いました。

みずき:40代女性 評価★★★★★

とにかく松尾の行動が怖すぎました。尚が倒れた原因も松尾でしたしね。

松尾も病気で辛いんでしょうが、尚と真司の夫婦関係を壊して自分と同じ目に合わせたにのかなと思います。

松尾の行動はこれからどんどんエスカレートしていきそうで恐怖しかありません。

尚がアルツハイマーへと進行してしまったことは辛かったです。

真司にとっては一番忘れてほしくない存在が尚だと思うので余計に辛いと思います。真司の苦しそうな姿には胸が痛くなりました。

あんこ:30代女性 評価★★★★★

せっかく、尚は治験薬を試そうという気になっていたのに、アルツハイマーに進行してしまうなんてとても残念。

侑市は、適度の緊張は脳にいい刺激を与えるから、尚の病気にもいいと思って講演を頼んだのに、まさか同じ病の松尾が、わざとハウリング起こさせてたなんて驚きでした。

松尾が、そんなことをするのは一体なぜなのでしょう?それも、若年性アルツハイマーという病がさせてるのでしょうか?一体、彼は何を考えているのでしょう?

自分はアルツハイマーになって、奥さんに逃げられたから、真司に守られている尚が羨ましかったのでしょうか。

尚がこんなことになって、侑市を責め立てる真司の気持ちが痛いほどわかります。

二人で手を繋いで歩きながら、涙が溢れる真司をみて、私も涙が止まりませんでした。

むーらん:50代女性 評価★★★★★

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話のSNSでのみんなの反応は?

『大恋愛』第7話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『大恋愛』第7話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月30日21:59まで)なら、無料で『大恋愛』第7話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『大恋愛』7話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『大恋愛~僕を忘れる君と』第7話の内容ネタバレと感想になります。

第8話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『大恋愛』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.