2018年秋ドラマ

『大恋愛〜僕を忘れる君と』第5話のネタバレと感想!突然の別れに戸惑う尚。それから九ヶ月後…

投稿日:

2018年11月9日(金)にTBSで放送された『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『大恋愛』第5話のみんなの感想を知りたい!」
「『大恋愛』第5話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『大恋愛』第5話では、別れから9か月後・・・。感動の再会を経て尚と真司が結婚!第一章がハッピーエンドで完結しました。
スポンサーリンク

 

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のあらすじ内容

元婚約者の侑市(松岡昌宏)に再び告白され、それでも真司を愛していると伝えた尚(戸田恵梨香)は真司のアパートに戻った。

しかし「別れよう」という真司(ムロツヨシ)。

支えてく自信がない、と言う真司に尚は何度も止めるが、彼が再び笑いかける事はなかった。

尚が自宅に帰ると母・薫(草刈民代)が患者への手紙を書いているところだった。

尚は静かにすわり「もう無理なんだって…」と別れたことを伝える。

落胆し自室に戻る尚の背中を薫は見送ることしかできなかった。

翌朝真司のアパートに乗り込んだ薫。

「自信がないってその程度だったんですか?!」と強く責める。

侑市にお世話になっているのなら寄りをもどせばいいという真司に「そういうことでしたら金輪際娘とはか変わらないでください!」と薫は怒りを露にした。

引越のバイトが終わり、アパートに帰れないとぼやいたところ、上司の木村(富沢たけし)の好意で会社の一室を借りて泊まることにした真司。

尚はアパートに戻らない真司を探しに会社の前までやってきた。丁度木村が出てくるところで尚は真司を知らないかと聞く。

知らないという木村に、真司が帰ってこない、理由がわからないと言う。

嗜めながら会社から離れるよう誘導する木村と尚が行った後、真司は会社を出て、こっそりと自分のアパートに戻って荷物をまとめ始める。

狭い会社の一室に戻った真司はパソコンを開き小説の続きを書きはじめたのだった。

いつものように侑市の元に診察に訪れる尚。浮かない表情に侑市は「何かありましたか。」と尋ねるが尚は「お話ししたくありません。」とつっぱねた。

尚はラインで「最後にあの居酒屋に行こう」と誘う。

一人でカウンターに座り飲む尚の元に、真司は現れなかった。

自宅の部屋に戻ると段ボール箱がおくられてきている。

あのアパートにあった尚の荷物だろうか、送り主の欄にある間宮真司という名前を見ると尚はアパートに走って向かった。

しかし二人が暮らしたアパートはすでにもぬけの殻だった。

月日は流れ九ヶ月後。

尚が部屋の中、スマホで動画を見ている。動画の中では過去の尚が語りかけてくる。

「好きな小説は?母親の旧姓は?間宮真司の捨てられていた神社は?これに答えられなくなったらあなたにできることは自ら死ぬことです。」

虚ろな目で画面を見る尚は、すでに真司の神社の名前が出てこなくなっていた。

侑市に「調子いかがですか」と聞かれて無言の尚。

「間宮さんとなにかあったんですか?」と聞かれると「うまくいっています」と尚は嘘をついた。

明らかに憔悴している尚に侑市は新薬の治験を薦めるが、尚は「なんのために生きているかわからない」と力なく溢した。

病院の帰りにお花屋で花を買うように薫に言われた尚は、帰りに本屋に立ち寄る。

すると平積みにされた本に間宮真司の名前を見る。

タイトルは「脳みそとアップルパイ」開いてみれば、共に砂漠を歩こうとしてくれたNさんに捧ぐと書かれていた。

二人で朝まで話したあの神社で、本を読み始める尚。

二人の日々が綴られている。

仕事が終わった侑市は実家のテーブルに間宮真司の本を見つける。

母の千賀子いわく、記憶の無くなる女の子と売れない小説家と医者の三角関係の物語らしい。

「なかなか面白いのよ、そこに出てくる医者がいやなやつなの!」侑市は居心地のわるそうな顔をした。

外は真っ暗だ。読み終わった本を抱き締めて泣く尚。

物語の最後は、医者に支えられて幸せにやっているだろう、彼女の消息は知らないという締めだった。

小綺麗な格好をして、ベストセラー作家としてインタビューをうける真司。

いくつかの質問の最後に、この女性と本をきっかけに会わないんですか?と聞かれ「一生会うことはないと思います。」と真司は返した。

そんな真司に、編集者を通して侑市が連絡をとってきた。

居酒屋で会う二人。あの本を読んで、真司が誤解しているんじゃないかと思って連絡したらしい。

尚がこの九ヶ月暗く塞ぎこんでいることを伝えると「井原先生が支える思って身を退いたんですよ。」と驚く真司。

しかし侑市は自分が二回も振られた身であることを正直にはなした。

すると居酒屋の入り口には尚が。

あとは二人で、と侑市は席を立った。

元気だったか尚に尋ねると「もうちょっとで死ぬところだった。」と返ってきた。

「俺も小説はが売れなかったら死ぬところだった」「生きて会えたのは奇跡だね」笑いあう二人。

真司は少し姿勢をただして口を開いた。

「尚ちゃん結婚しよう」

「名前まちがえちゃうけどいい?」

「いいよ」

「鍵さしっぱなしにしちゃうけどいい?」

「いいよ」

「黒酢はちみつドリンクいくつも注文するけどいい?」

「いいよ」

「いつか真司を忘れちゃうけどいい?」

「いいよ」

そして真司が改めてプロポーズする。「結婚してください」尚は、それを受け入れた。

再び幸せな時間が戻ってきた二人。

薫に挨拶に行くと、尚の顔を見て「そんなとろけるような笑顔されちゃあ…」と涙ぐんだ。

九ヶ月ずいぶん憔悴しきっていた尚の姿を見てきた薫にとって、久々の娘の笑顔は何にも変えがたいものであった。

そして二人は小さな結婚式をする。

タキシードの真司が木村に牧師役をお願いする。「木村さんあってのぼくらなんですから」

真司が考えたらしい牧師の言葉には「覚えている間はもちろん忘れていったとしても …」という文言がはいっていた。

変じゃねえ?と聞く木村に、いいからいいからと真司は進めた。

知り合いに囲まれた披露宴では、尚からみなさんに伝えたいことがあるという。

そこで自分がMCIであることを皆に言う尚。

「死んでしまいたいほど苦しかったけど、このまま死んでしまいたいほど幸せです。」

と言って幸せそうに笑った。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話を視聴した方に感想を聞いてみました!

第一部完結、と事前に公表されていたのでハッピーエンド=結婚に行きつくことは想像していた。

さて、前回の別れよう宣言からどうやって復縁するのか、ポイントだけが見どころであった。

9が月も経過、著作が売れる、という2点、どっちも自分の描いていたストーリーとは違い、戸惑いもあった。パ

ソコンに小説を綴っていたのは最終回にナレーションになるだけと思い込んでいたので、この時点で世間に出していくとは意外というかやるなあ、という感じだった。

その本を関係者が読んで、特に井原母が自分たちのこととは全く感じず楽しんでいたのが、年寄らしいというか、受けた。

るな☆:60代女性 評価★★★★☆

気持ちのすれ違いの連鎖だったと思いました。

尚の母、薫に侑市を「まだ間に合うんじゃないか」と聞いた真司は尚にとって最良の選択として言っているのかと思っていたら本当に勘違いしていたんですね。

荷物返されたり一気に姿を消されるのはいちばん辛い別れ方で尚の表情が無くなるのもわかる気がしました。

小説独特の言い回しは真司の本音が事細かに書かれている形で、それを読んだ尚の笑顔と全ての思いを知ったであろう涙に「笑った?!、泣いた!」と表情が戻って嬉しくなったシーンでした。

小説はつくづく侑市が読んでいて良かったと、結末を知った侑市の勘の良さが光った場面だったと思います。

結婚式の場で病気のことを話すのは並大抵の覚悟がいると思いますが、それを堂々と話した尚としっかり聞き入れた木村の「おめでとう」は最高の言葉でした。

真司が考えた誓いの言葉も良かったです。ツッコんでくる木村が好きで、思わず笑顔になれるシーンでした。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★★

鬱になり掛けていた尚は偶然間宮真司の小説脳みそとアップルパイを見つけた。

タイトルが2人で決めたタイトルに尚は喜んだと思います。

私も嬉しかった。

その小説で真司は尚と真司と井原の三角関係を書いたが、その医師が嫌な奴と井原の母が言っていて笑いました。

井原も小説を読み、真司に連絡を取り恋愛小説を初めて読んだ、あの医師さえなければ良かったと言ったことが面白かった、井原は真司と尚を再会させてくれた。

井原の優しさとカッコ良さにステキと思いました。

ノッポちゃん:50代女性 評価★★★★☆

真司から別れを告げられたあとの尚は生きる気力を失ってしまって見ていて苦しいものがありました。

真司からしたら尚を思っての別れだったとは思いますがあんまりだと思ってしまいました。

そんな2人をまた引き合わせてくれたのは侑市だったのが意外でしたが、侑市の尚には幸せになってほしいという優しさが伝わってきました。

真司のプロポーズは素敵でしたね。尚のとても幸せそうな顔が印象的でした。

結婚式での病気のカミングアウトには驚きましたが、これから2人でならなんでも乗り越えていけるんじゃないかと思います。

あんこ:30代女性 評価★★★★★

尚の運命の相手は自分じゃないと自ら身を引いた真司。

尚は相変わらず真司のことが忘れられないでいる中、病気の進行よりも、精神的うつがひどくなっていく。

別れた後も尚との思い出を綴った小説を書き続けていた。

そして9カ月後、尚は本屋で一冊の本に目が止まる。見覚えのある本のタイトル。作者は間宮真司。

真司と尚の思い出を綴った本だ。本の冒頭には尚へ向けたメッセージ。そこで尚は真司の思いに気づくのであった。泣けるわ。

DD:30代男性 評価★★★★★

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話のSNSでのみんなの反応は?

『大恋愛』第5話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『大恋愛』第5話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はParaviで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(11月16日21:59まで)なら、無料で『大恋愛』第5話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『大恋愛』5話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『大恋愛~僕を忘れる君と』第5話の内容ネタバレと感想になります。

第6話以降のあらすじや内容もまとめていくのでチェックしてください。

『大恋愛』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2018 All Rights Reserved.