2018年秋ドラマ

『僕らは奇跡でできている』第10話のネタバレと感想!一輝が大学を辞める?!感動の最終回!

投稿日:

2018年12月11日(火)にフジテレビで放送された『僕らは奇跡でできている』第10話のネタバレや感想、SNSでの反応などをまとめています。

「『僕らは奇跡でできている』第10話のみんなの感想を知りたい!」
「『僕らは奇跡でできている』第10話を見逃したから、あらすじやネタバレを知りたい!」

という方は、こちらをご覧ください。

『僕らは奇跡でできている』第10話大学を去り、宇宙へ行くことに決めた一輝。樫の木先生とも和解できて安心。生きていること、生きていくことについて考えさせられる感動の最終回だったよね!/st-kaiwa1]

スポンサーリンク

 

『僕らは奇跡でできている』第10話のあらすじ内容

大学を辞めることになった一輝は最後のフィールドワークへ向かい…一輝(高橋一生)が突然休んだため、休講となった。

知らせを受けた生徒は帰ろうとするが、尾崎(北香那)は皆にせっかくなので課題を発表しないかと呼びかける。彼女もまた一輝に関わって変われた一人だった。

相河家をキュウリを持った沼袋(児嶋一哉)が訪れた。山田(戸田恵子)は一輝を心配してやってきた事を理解し、お礼を言った。そして沼袋は無言で何かの紙を手渡した。

森を歩いた一輝は、祖父義高(田中泯)の小屋の前にいた。

「光を大きくしたら嫌なことも入ってきて辛くなっちゃって…」そんな話をする一輝に義高はただ一言

「そうか、よかったな」と言った。

森の中に寝転ぶ一輝の頭をいろんな事が過る。「辛い気持ちだって光だから」

「これからも僕の中の光を広げてく」一輝は決心した。

翌日、一輝はいつも通りに出勤した。そして沼袋先生にお礼をいいつつ、メモを開く。

そこにはURLがあり、沼袋の配信する動画・コンチューバーのページらしい。

そして一輝は「僕、ここをやめます」と鮫島教授(小林薫)に宣言した。

自分のデスクを片付ける一輝が気になりつつも、酷いことを言った自覚のある樫野木(要潤)は一輝に声がかけられないでいる。

一輝は授業の終わりに生徒たちが来年もゼミをもってもらえるかとお願いされた。

しかし一輝は「もちません」と笑顔で返す。しかも今年度で大学をやめると言う。

生徒達は理由を聞くが「ひみつです」と笑顔になるだけだった。

一輝に大学を辞めてほしくない琴音(矢作穂香)達は、クリニックに育実に会いに行く。

一輝が育実のことを好きだと思っている琴音は、一輝に大学を辞めないよう言ってほしいと頭を下げた。

しかし、「水本先生のこと、面白いです」と言っていた一輝を思い出した育実は複雑な顔をした。

あれから何も言ってこない一輝が気になる樫野木は、「大学を辞めるのは自分のせいか」と帰ろうとする一輝に声をかける。

一輝は、「樫野木先生に消えてほしいと言われ、昔のことを思い出して悲しくて辛かった。」

「僕は樫野木先生と仲良くなりたかったです。」一緒にフィールドワークをしてリスの橋を作ったときすごいと思ったと素直に言う一輝。

そしてフィールドワークを本当にもうしないのかと聞くが、樫野木は無言だ。一輝は今度のフィールドワークに誘った。

水本クリニックに一輝がやってきた。やっと虫歯で抜いた穴のインプラントの相談にきたのだ。そこで育実は大学をなぜ辞めるのかと聞く。

「まだ鮫島教授しかしりません。水本先生知りたいですか?」そのまま耳打ちをされ、育実は「えっ」と聞き返した。

鮫島教授の授業を受ける生徒達。そこで声が上がる。「相河先生みたいになりたいです」「でもやりたいことがみつかりません」鮫島は樫野木の言葉を借りる。

「やりたいことを探すのはいいけれど、見つからない自分を責めたりする人がいるかもしれない」相河先生が持っている缶の話をする。

がらくたがごちゃごちゃはいっているけれど、フィールドワークで生かされている例えば、アイスのスプーンは目印や釣りの浮きにするらしい。

「ただそのものを生かしきること」と鮫島教授は言った。

その頃、育実は水本クリニックでインプラントをするかどうか悩んでいた。

やらない理由ばかり並べていた事をやるとしたら…と考えてみようと、前向きな検討なようだ。

それを聞いたあかり(トリンドル玲奈)が「苦手な事を人に頼んではどうですか?」と提案した。

実は医療事務も持っていて計算は得意と言うあかりに、育実は喜んだ。

フィールドワークの日、一輝が待ち合わせの場所に着くと生徒は全員集まっていた。しかしそこに樫野木の姿はなかった。

山道を歩く生徒と一輝。その先には樫野木が待っていた。昔の樫野木はフィールドワークに明け暮れていたが娘が生まれた頃に塾講師になった。

家族のせいにしておけば、フィールドワークで食べていく覚悟がないことを認めないですんだから。

樫野木がそう鮫島教授に話すと「だから相河先生と会えたのかもしれないね」と鮫島教授は笑っていた。

フィールドワークで新庄(西畑大吾)は蟻を探していた。冬に活動している蟻もいるらしい。

実は沼袋がコンチューバーとわかったあと、弟子にしてくださいとお願いしたのだ。

作業をしながら樫野木は「離婚したほんとの理由ききたい?」と一輝に語り出す。

うまく行かなかったことを外のせいにしていた。それで嫁が愛想つかしたという樫野木は結婚指輪を埋めようと言う。

しかし一輝は、奥さんがもどってくるかもと、カプセルにいれて樫の木の下に埋めようと提案した。

そんな一輝に、ひどいことを言ったと樫野木は謝った。しかし一輝は、いつもの調子で樫野木をからかった。

生徒は一輝に何故大学を辞めるのかと聞く。日本中にいくのか、世界にいくのか、と問われ一輝は否定する。

一輝はまず、離ればなれではないと言う。「僕はみなさんでできていると言うことです」

それが皆といつだって繋がっているということ。「宇宙に行きます」「僕の光の中に宇宙もはいるということです」

一輝は宇宙にフィールドワークに行くと言うのだ。ロシア語も水泳も歯の治療もすべて宇宙に行くためだった。

一輝はインプラントが高いと嘆くが、鮫島教授が大学で働きながらインプラント代を稼げばと提案する。

そんな中、育実はインプラントを水本クリニックで出来るようにしたと一輝に伝える。

親から譲り受けたクリニックを守るだけでなく自分のクリニックを作っていくつもりだそうだ。

一輝は自分が宇宙に行ったら山田さんがさびしがるのでたまに顔を出してほしいと頼む。

お母さんがわりの人ですもんね、と言う育実に「生物学上もお母さんです」と一輝は伝え、育実は面食らった。

しかし山田さんには大河原さんという友達が…と言うと一輝は「大河原さんは僕のために作り出した山田さんの架空の友達です」と言った。

帰宅すると山田が大河原さんからもらったというりんごを見せる。一輝は山田に部屋に入っただろうと注意する。

いつもの風景がそこにはある。しかし一輝の光によって少しずつ変わってきていたり遅刻しそうな一輝を熊野事務長が追い回す。

樫野木先生は、授業中にじぶんのフィールドワークじだいの写真を写し出しおもしろおかしく語っている。

それを琴音が「樫野木っておもしろい」とまた興味をもっている。新庄はこんにゃくについての動画を投稿していた。

虹一が悪い点数のテストを母に渡すと「虹っていう字きれいにかけてるね」とやさしく誉めた。

鳥飼は山を歩く。万歩計の歩数に満足そうに笑った。髪の伸びた育実が、通勤路で自転車に振り向く。

山田が縁側で義高と夜空を見上げている。そして一輝は宇宙へ行った。

『僕らは奇跡でできている』第10話を見た視聴者からのネタバレ・感想

『僕らは奇跡でできている』第10話を視聴した方に感想を聞いてみました!

一輝が大学を辞める理由には驚かされました。宇宙に行くと言う発想は普通の人にはなかなか思いつかないと思います。

しかし、一輝はそのために興味のない水泳やロシア語を頑張っていました。そして見事にその夢を叶えます。

夢は願えば必ず叶うということを一輝から教わりました

樫野木を責めることなく、樫野木のおかげで大学を辞める決意ができたと言える一輝は素晴らしいと思いました。

一輝と育実の関係に進展がなかったことが唯一残念なところでした。

たかは:30代女性 評価★★★★☆

前話は一輝がひどく落ちんでいたシーンで終わったので心配していたが、学校を休み山に行き、過去を振り返り何かを悟ったように思えた。

自然に触れる事で、くじけず前に進める考えを持てることは素晴らしいと思った。

そして学校を辞めると言うが、辛さからなのかと思ったが違った。新たなる挑戦の道の宇宙を選ぶとは想像もしなかった。

もう少し歯科医の水本と恋愛が進展するかと思ったが残念だった。しかし、刺激を与えあう良い仲だった気がする。

一番クスッと笑えたのは、沼袋の被り物のコンチュウバーだったが、もう少し見たかった。

せどら:50代男性 評価★★★★☆

きちんとまとまっていて、私は好きな終わり方でした。

イヤな思いをしたまま終わる登場人物がいなくて本当に良かったです。

一輝の夢は本当に突拍子もなくて、あんなにすぐに叶えられるとは思えないけれど、彼ならきっと叶えられるんだろうと思います。

「光~」のあたりの一輝の考え方には、すごく納得してしまいました。

いいことも、悪いことも、全部自分のため、そのおかげで自分が輝けるって、なかなか普段思えないですよね。

私も日常生活でイヤなことがあったときなんかに思い出したいです。

めいこ:30代女性評価★★★★★

樫野木が一輝に言ったきつい言葉も噛み砕いた形で鮫島が丁寧に言うと「確かに」と納得してしまいます。

自分の気持ちを整理する場所が山だったのがやっぱり一輝らしかったです。

ジョージまで連れて来ていてお腹の上に乗っていたシーンは見てるだけでも癒されてしまいます。

鮫島教授にしか話していない夢を育実に話すところはやっぱり好きだからだったんですかね。

おもしろい」は裏返しだったのかとぐるぐる考えてしまいます。 フィールドワークに遅れてではなく先に付いていた樫野木がカッコよかったです。

「樫野木、一輝復活!」みたいに感じてしまいました。指輪は持ち帰ったと思ってます。

でも一輝を思って鮫島の部屋の前まで行っていた沼袋のシーンが何か好きでした。 沼袋の講義シーンも見てみたかったです。

最後の一輝の宇宙の中は夢に向かってる途中を表したのかな?義高と山田さんの月を眺めて一輝を見守るような優しい雰囲気が良かったです。

黄昏妻:40代女性 評価★★★★★

相河が樫野木に今まで不満だったことに加え、目の前から去ってほしいと私も人に言われたことがあるので、

さすがの相河もショックで、やっぱり大学に戻ってこないだろうと思いました。

普通なら、仕方なく次の道を探すと思うし、ロシア語の勉強をしていたので、海外でフィールドワークなり、好きなことをするのかなと思っていました。

だけど、嫌なことを言われたからと言って大学を辞めてしまうのもなあと自分なら考えると思ったので、歯を治すための治療費が欲しいからと、あっさりと戻ってきたところは面白かったです。

山田さんの言う、大河原さんは最後まで出てこない謎の人物で終わるのかなと思っていたら、空想の人物だということがわかったのも、面白かったです。

いのき先生:30代女性 評価★★★★☆

『僕らは奇跡でできている』第10話のSNSでのみんなの反応は?

『僕らは奇跡でできている』第10話を見た方のSNSでの反応・ネタバレをまとめました。

『僕らは奇跡でできている』第10話を見逃しても動画配信サービスで視聴可能!

『僕らは奇跡でできている』第10話を見逃してしまっても、1週間以内ならTver、1週間以上経過している場合はFODで視聴可能です。

放送終了後から1週間以内(12月18日19:40まで)なら、無料で『僕らは奇跡でできている』第10話を見ることができるよ!

詳しくは⇒『僕らは奇跡でできている』第10話の動画を無料視聴!

まとめ

以上、『僕らは奇跡でできている』第10話の内容ネタバレと感想になります。

『僕らは奇跡でできている』関連記事

スポンサーリンク

-2018年秋ドラマ
-

Copyright© DRAMA365|気になるドラマのネタバレ・感想・情報サイト , 2019 All Rights Reserved.